「おちょやん」千代は道頓堀に思いをはせる…5月11日のあらすじ

春子の思いに触れる千代
春子の思いに触れる千代 - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第112回が5月11日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

千代は春子の思いに心が動く…「おちょやん」第112回【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた千代(杉咲花)が、数々の困難と立ち向かいながら女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は最終週「今日もええ天気や」に突入している。

[PR]

 一平(成田凌)が書き上げた新作「初代桂春団治」は大変な人気を呼び、東京公演も決定。一平も新聞やラジオのインタビューも増える。そんななか、放送局で取材を受ける一平と、本読みに来た千代が鉢合わせしそうになり、周囲は肝を冷やす。

 予期せず一平の肉声を聞き、熊田(西川忠志)との再会もあって、道頓堀に思いをはせては浮かない表情の千代。心配した春子があるものを作ったことで、千代はその思いに心を動かされるのだった……。

 「おちょやん」はついに最終週に突入。全115回(23週)を予定しており、最終回は5月14日(15日は最終週の振り返り)の予定となっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]