栄一と慶喜の出会い!「青天を衝け」第14回あらすじ 栄一と運命の主君

栄一&喜作、ついに…
栄一&喜作、ついに… - (C)NHK

 大河ドラマ「青天を衝け」の第14回「栄一と運命の主君」が16日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

【写真】吉沢亮、実写『東京リベンジャーズ』で金髪&ロン毛!

 本作は激動の幕末から明治を駆け抜けた、「日本資本主義の父」渋沢栄一の生涯を描く作品。『銀魂』の沖田総悟役、『キングダム』のエイ政役などで知られる吉沢亮が主演を務めている。第14回では、栄一(吉沢)と喜作(高良健吾)が、円四郎(堤真一)から一橋家に仕官せよと迫られる。

[PR]

 栄一は仕官の条件として、慶喜(草なぎ剛)に自らの意見を建白することを提示する。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功。栄一と喜作は一橋家に仕官することとなる。

青天を衝け
(C)NHK

 そんな中、薩摩藩が天皇に信頼の厚い中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに慶喜は気づく。中川宮を問い詰め、その場にいた島津久光(池田成志)らに「天下の大愚物、天下の大悪党だ」と言い放つのであった……。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]