「ドラゴン桜」文系トップの小杉麻里役!注目の女優・志田彩良って?

小杉麻里役の志田彩良
小杉麻里役の志田彩良 - (C) TBS

 放送中のドラマ「ドラゴン桜」(TBS系・日曜よる9時~)で、文系トップ成績の小杉麻里役を務めている女優の志田彩良に注目したい。

【写真】「ドラゴン桜」生徒役には注目の若手がズラリ!

 本作は、2005年に放送された前作ドラマの原作「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載)の15年後を描く続編。伝説の弁護士・桜木建二(阿部寛)と、今は弁護士となった元教え子の水野直美(長澤まさみ)が、偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園を再建するため、東京大学合格者を輩出しようと新時代の生徒たちに向き合っていく。

[PR]

 その龍海学園で文系トップの優秀な成績にもかかわらず、大学受験に興味を示さず、卒業後は就職を希望しているのが、志田ふんする小杉麻里だ。細田佳央太演じる原健太と一緒にいることの多い麻里は、他の生徒とも教師とも距離を置いているミステリアスな部分がある。先日放送された第4話では、麻里のおでこにアザのようなものが見受けられ、「麻里のアザが気になる」「麻里ちゃんの家庭に何か事情があるのかな」と視聴者の注目を浴びていた。彼女が抱える秘密とは一体何なのか? 今後の展開が気になるところだ。

 麻里役の志田は1999年7月28日生まれ、神奈川県出身。ファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルを経て、ドラマ「チア☆ダン」「ゆるキャン△」や、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』『mellow メロウ』、多数のCMなどで活躍。今泉力哉監督の新作映画『かそけきサンカヨウ』(10月15日公開)では井浦新ふんする父親の娘を演じるなど、ネクストブレイク女優として視線を集めている。

 本作の出演発表時には、「オーディションで決まった時は信じられませんでした。本当にうれしいです」と喜びをにじませ、「出演させていただくからには小杉麻里として進路としっかり向き合いつつ、私自身も真剣に丁寧に役と向き合って、勉強をさせていただきます。大先輩も同世代の皆さんもいらっしゃる現場で、自分にできることを一生懸命やりながら、たくさんの方にお届けできればと思っています」と意気込んでいた。

 23日のよる9時から放送の「ドラゴン桜」第5話では、東大専科と一流大学コースが再度勝負をすることに。桜木は新たな勉強法として“ゲーム”を打ち出す。さらには、東大専科に5人目の生徒がやってくるとあり期待が高まる。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]