新解釈の「オペラ座の怪人」誕生か 『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家が執筆中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
画像は名作『オペラ座の怪人』(2004)より
画像は名作『オペラ座の怪人』(2004)より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『博士と彼女のセオリー』『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家アンソニー・マクカーテンが、現代版「オペラ座の怪人」の脚本を執筆していることが、Deadlineほか複数メディアによって明らかになった。

【画像】色気たっぷり!ファントム役のジェラルド・パトラー

 本作は、マクカーテンの制作会社ミューズ・オブ・ファイヤー・プロダクションズとテレビシリーズ「SCORPION/スコーピオン」のスクーター・ブラウンが企画。作家ガストン・ルルーの同名小説を大まかな解釈で捉えた現代版のサイコロジカル・スリラー作品になる。ロンドンの現代の音楽シーンを舞台に、原作にあるダークなロマンスを残しながら、サスペンス・スリラーに焦点を当てたストーリーになる模様。

[PR]

 ブラウンとパートナーのジェームズ・シンは、優れたソングライターや音楽プロデューサーを集めて、新たな楽曲を手掛ける予定だが、映画内ではミュージカルのように急に歌い出す設定ではなく、ストーリー内でキャラクターがパフォーマンスをする際に音楽が使用されるという。

 製作と脚本を担当するマクカーテンは、アーティストをリストアップ中。マクカーテンは『博士と彼女のセオリー』と『2人のローマ教皇』で、2度アカデミー賞脚色賞にノミネートされている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]