藤井流星の浮世離れした存在感!『賭ケグルイ』P語る魅力

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』より
『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』より - (C) 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX(C) 2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

 藤井流星ジャニーズWEST)の魅力を、公開中の映画『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』の松下剛プロデューサーが語った。

藤井流星、シリーズ最凶最悪の刺客に!【写真】

 本作は、河本ほむら尚村透による人気コミックを原作にした実写ドラマの劇場版第2弾。ギャンブルの強さで生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、主人公・蛇喰夢子(浜辺美波)と、かつて学園を滅ぼしたギャンブラー・視鬼神真玄(藤井)が壮絶なギャンブルバトルを繰り広げる。

[PR]

 藤井演じる視鬼神は、本シリーズに初登場。腕にタトゥー、長い銀髪姿で悪役として強烈なインパクトを放つ。松下プロデューサーは、「ギャンブルが強くて、変態的で、ものすごく頭のいい策士でもあり、得体の知れない力を持っているようにも見えるし、実は用意周到なやつでもある。そんな『予測不能な最強ヴィラン』を創るのが映画第二弾の最大のテーマ」だったと明かす。

 「英勉監督との間でキャラクターのイメージを炙り出しているうちに、背が高い、体つきが良い、目力が強い、顔の圧も強い、清潔、衣装は黒くて、肌や髪は白い、など具体的な要素は出たものの、そんな人実際にはいないね、と行き詰まったのですが、その時に、数年前に別の撮影現場で見かけた“ものすごく浮世離れした美男子”の顔、藤井さんがふと思い浮かんだ」と振り返り、「藤井さんの持つ恵まれた体格、強い眼力、彫刻のような顔立ち、低くて太い声、色気のある佇まい、そのすべてが、普段その辺では決して出会えなさそうな、浮世離れした視鬼神真玄のイメージと重なった」とオファーの経緯を明かす。

 「幸いなことに藤井さんはリアルタイムで『賭ケグルイ』の放送を見てくれていて、どんなことをやるのか理解してくれていたので、撮影前に監督と相談して、監督のイメージを聞いたり、自分の中で思う声のトーンやしゃべり方、スピード、目のやり場など、細かいアイデアをどんどん出しながら、さらにチューニングしていきました。それを現場でいきなりお披露目したという感じだったので、ほかのキャストたちはすごくビックリしてました。仕掛けてきたな! と。視鬼神という役を文字通り全身で表現してくれて、本作にとっても、ご本人にとっても、完全な新境地に達することができたと確信しています」

[PR]

 また、藤井の魅力については、「身体的な特徴、ルックスもさることながら、“場の空気を捉え、思い切る”冷静と情熱を併せ持っているところ」と分析。劇中、視鬼神が異様な踊りで登場し、学園の生徒たちを戸惑いと恐怖に陥れるというシーンがあるが、「尺が長い一発撮りの中で、テンションを徐々に上げていったり、フリを大きくしていったり、冷静に計算をしてないと最後まで持ちませんし、でも映像の強さとして求められるのは情熱的な即興性で、それを同時に体現するのは非常に難しいのですが、それをポーンと思い切りよくやってのけてます」とべた褒めしていた。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]