ADVERTISEMENT

恒松祐里、ヒロイン演じる「全裸監督」で撮影裏でも役に没頭「純粋に、ありのままで」

話題作への抜てき続く恒松祐里
話題作への抜てき続く恒松祐里

 女優の恒松祐里が22日、東京・目黒区のめぐろパーシモンホールで行われたNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」(6月24日より配信)のワールドプレミアに森田望智と共に登壇。今作で新たなヒロインを演じている恒松が役に没頭しすぎて、前作のヒロインである森田に嫌がらせを行っていたことが明かされた。この日は恒松と森田と共に山田孝之満島真之介玉山鉄二柄本時生伊藤沙莉冨手麻妙後藤剛範西内まりや増田有華國村隼武正晴総監督、後藤孝太郎監督も来場した。

山田孝之、満島真之介、森田望智ら「全裸監督」キャスト集結!ワールドプレミアの様子【動画】

 山田を主演に迎えて「放送禁止のパイオニア」として時代の寵児となった村西とおると仲間たちの狂乱を描いた「全裸監督」。そのシーズン2となる本作では、新たな野望である衛星事業に乗り出す村西の規格外の転落劇が描かれる。

ADVERTISEMENT

 新ヒロインの乃木真梨子役を演じた恒松は、オファーを受けたときに「正直、なんで私なのだろうとすごくびっくりしたのと、色濃いみなさんのなかで、どうお芝居をしたら生き抜いていけるのだろう、自分らしさを出せるのだろうと迷いました」と吐露。しかし、「ラーメンでいうと豚骨や味噌のようなすごく濃い方たちだからこそ、私は逆に塩」と覚悟を固めたという。「純粋に、ありのままで演じた方が乃木さんらしさも出るんじゃないかと素直にお芝居をしました」と振り返る。

 そんななか、黒木香役で続投している森田から、ある疑問が。それは「恒松ちゃんがいきなり私の肩をもんでくれて、ありがたいなと思いながら『どうしたの?』と聞くと、『日ごろから黒木さんをイラつかせてやろうと思って』と笑顔で去っていって、呆気にとられました」というもの。

 続けて「(役づくりもかねて)私服で黒い服を着るようにしていたのですが、私がいないときに恒松ちゃんが黒い服を来てきて、役づくりなのか素なのかわからなくて、今はそうじゃないとわかるけど、撮影がはじまったときは、この子はヤバい子なのかなと思っていました」と撮影当時に抱えていた疑問を明かした。

 山田も「僕は唯一その撮影現場にいたのですが、怖かったです」と告白。それには恒松も「そのときの記憶が本当にない」と言いながら、「最初の役づくりはそこまで怖くしないようにと思ったのですが、武監督から『イヴの総て』という映画をいただいて、こういうテイストも入れてほしいと言われて」と説明。「女優さんの付き人がその女優さんを追い越していく物語で、影響されすぎてそうなっちゃったかもしれません」と役に没頭しすぎたゆえの言動に申し訳なさそうな表情を見せた。(錦怜那)

山田孝之、満島真之介、森田望智ら「全裸監督」キャスト集結!「全裸監督 シーズン2」ワールドプレミア【トークノーカット】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT