壁を駆け上がる!?『イン・ザ・ハイツ』ロマンチックなダンスシーンが公開

» 動画の詳細

 傑作ブロードウェイ・ミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』(7月30日公開)から、デュエットする2人が壁を駆け上がりながら踊る、ロマンチックなダンスシーンが公開された。

『イン・ザ・ハイツ』壁を駆け上がるロマンチックなダンスシーン

 本作は、ニューヨークにある移民が多く暮らす地域ワシントン・ハイツを舞台に、ラテン系の若者が家族や仲間の絆を大切にしながらたくましく生きる姿を、ラップ、サルサ、ヒップホップなどの楽曲に乗せてエネルギッシュに描いた作品。『クレイジー・リッチ!』を大ヒットさせたジョン・M・チュウが監督を務める。

[PR]

 公開された本編映像は、コーリー・ホーキンズ演じるベニーと、レスリー・グレース演じるニーナが、夕焼けが照らすジョージ・ワシントン・ブリッジをバックに、ベランダで自分たちのこれからを楽曲「When The Sun Goes Down」にのせて歌い合うシーン。ベニーが建物の壁に足をかけ歩き出すと、ニーナもベニーから差し出された手を取り、2人は壁の上で踊りだす。公開されているのはその序盤だけに、このダンスシーンが楽曲と共にどのような盛り上がりを見せるのか期待は膨らむばかりだ。

 振付を担当したクリストファー・スコットは、このシーンについて「仕組みは、フレッド・アステアが『恋愛準決勝戦』で披露した、床と壁と天井の4面を使った有名なダンスシーンと同じなんだ」と明かす。カメラとセットの壁が固定され、同時に回転する仕組みになっており、アニメーションなどは加えられず、全て実際に踊っているのだという。「難しかったのは、実際に回転するセットを使って練習ができる時間が限られていたので、テーブルを逆さまにして階段に見立てたりして、『多分こんな感じになる』と想像しながら作り上げなくてはならなかったところだ。このような難しいシーンの撮影を成功させることができたのは、長年一緒に仕事してきた僕と、ジョン・M・チュウ監督と、撮影監督のアリス・ブルックスのお互いへの信頼があったからなんだ」と語った。

[PR]

 実際に演じたレスリーは「本当に大変なシーンだった」と振り返り、「壁のセットが完成するまで、リハーサルもできなかったから、映画の中でも最後に撮影されたシーンよ。ベニーとニーナにとっての大切なシーンだから、成功させるために、コーリーと私は愛と努力を沢山注いだわ。今までこんな風に踊ったことがなかったから、大変だったけれど、クリス・スコットのおかげで無事成功させられた。私たちの体の一部は、まだあのセットの上にあるんじゃないかって言うぐらい、身を粉にして頑張って、努力の甲斐があるシーンになったわ」と自信を見せている。(高橋理久)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]