DC新作ヒーロー映画『ブルービートル』主演候補に「コブラ会」俳優

「コブラ会」新シーズンも待ち遠しいショロ・マリデュエナ
「コブラ会」新シーズンも待ち遠しいショロ・マリデュエナ - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 映画 『ベスト・キッド』シリーズの続編ドラマ「コブラ会」で主要キャラクターのミゲルを演じるショロ・マリデュエナが、HBO Max と米ワーナー・ブラザース、DCフィルムズが製作するヒーロー映画『ブルービートル(原題) / Blue Beetle』の主演俳優として交渉中だと The Wrap ほか各メディアが報じた。

【作品写真】『ベスト・キッド』

 ブルービートルは、テキサス州エルパソのティーンエイジャー、ハイメ・レイエスが、異星人が作った装置スカラベによって、全身をアーマーで覆って戦うヒーロー。幾つかの出版社を渡り歩いてきた複数のバージョンがあるキャラクターでもあり、レイエスは3代目にあたる。

 ショロは、「コブラ会」でジョニー(ウィリアム・ザブカ)の一番弟子として空手の才能を開花させていく青年ミゲルを演じてブレイク。交渉がまとまれば、DC映画で初めてラテン系ヒーローの主人公を演じることになる。撮影は来年初頭を予定しており、監督はプエルトリコ出身でウィル・スミスが製作総指揮を務めた映画『チャーム・シティ・キング(原題)/ Charm City Kings』などを手がけるエンジェル・マニュエル・ソト。脚本はリメイク版『スカーフェイス』などに携わるギャレス・ダネット=アルコセルが担当する。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]