寺田農主演の時代劇『信虎』公開日が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
(C) ミヤオビピクチャーズ

 俳優・寺田農主演で武田信玄の父・信虎の晩年を描く映画『信虎』が、10月22日からTOHOシネマズ甲府で先行公開、11月12日より全国公開されることが決まった。

映画『信虎』場面写真【画像】

 本作は、80歳になった信虎が、武田家存続のため最後の知略を巡らせるさまを描く時代劇。寺田が信虎を演じ、信虎の娘で15歳のお直役の谷村美月のほか、榎木孝明永島敏行渡辺裕之石垣佑磨柏原収史らが共演している。今年4月に亡くなった隆大介さんも出演しており、本作が遺作となった。監督は、平成『ガメラ』シリーズや『DEATH NOTE デスノート』の金子修介

[PR]

 場面写真も一挙に公開され、金子監督からコメントも寄せられた。(清水一)

金子修介監督

武田信虎の事は今まで良く知らなかったが、信玄が死んだ時に京都で将軍に仕え、甲斐に戻らんと孫の勝頼と対決したという話に驚いたので、かつて握った権力に思いを馳せると、孫の可愛さよりも家の存続こそが最大の願いで、家来の命に跨って行軍する姿を寺田農さんに、権力者のために次々に死んでゆく姿を俳優諸氏に肉体化してもらい、常に死場所がある戦国の世の空気を演出した。
本人は仏に祈り煩悩を捨てているつもりだが、最大の煩悩が死んでも消えない妄執となっているのを寺田さんは見事に演じてくれた。
家から離れて生きられた女や、武士をやめた者たちに平穏があるのが救いである。対比して家と共に死んでいった女や武士たちを鎮魂したい。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]