ADVERTISEMENT

横浜流星が涙…石橋静河は謎めくホテルで彷徨う『DIVOC-12』藤井道人監督チームの予告公開

涙の理由は……
涙の理由は…… - (C) 2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

 12人の監督が制作した12本の短編で構成されるオムニバス映画『DIVOC-12』(10月1日公開)より、“成長への気づき”をテーマに制作された藤井道人監督チームの4作品の予告映像が公開された。

映画『DIVOC-12』予告<藤井道人監督チーム>

 本作は、ソニーグループが立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」の支援活動の一環として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援する映画製作プロジェクト。『新聞記者』の藤井監督と『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子監督の3名がプロジェクトの中核となって映画制作を牽引していくほか、一般公募より選ばれた新人監督を含む総勢12名で映画が制作された。

ADVERTISEMENT

 今回公開されたのは、“成長への気づき”というテーマで制作する藤井監督チームの予告映像。完全オリジナルストーリーからなる12本のうち、藤井監督の『名もなき一篇・アンナ』、志自岐希生監督の『流民』、林田浩川監督の『タイクーン』、廣賢一郎監督の『ココ』の予告映像が収められている。

 藤井監督の『名もなき一篇・アンナ』では横浜流星ロン・モンロウが出演。喪失感を抱き続ける男(横浜)は時空を超える旅のなかでアンナ(ロン)と出会い、自分の運命と向き合っていく。優しく美しい時間が流れるなかで「忘れないよ、忘れない」と涙を流す男の再生の物語となっている。本作は沖縄、京都、函館、東京と5,000キロの移動を経て撮影されており、二人の時空を超える旅がロケーションの美しさによって表現されている。

DIVOC-12
(C) 2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

 続く志自岐監督の『流民』には石橋静河が出演。あるホテルに泊まることにした女(石橋)はドアを空けても自分の部屋が見つからず、部屋それぞれに異文化の世界が作り上げていた。ホテルで流民となった女は本当の自分の居場所を見つけることができるのか?

ADVERTISEMENT

 林田監督の『タイクーン』には小野翔平窪塚洋介が出演。酔っぱらって釣り船の上で寝てしまった移民のシェフ・シン(小野)はある男(窪塚)から「地球人だな」とおもちゃの銃を向けられる。男は「海は次に何をするか見つける場所。お前は陸に着いたら一番に何がしたい?」と問いかけ、夜の海の上で出会った男とシンの不思議な時間の交流が描かれる。

 最後の廣監督の『ココ』には笠松将円井わん渡辺いっけいが出演。佳奈(円井)から妊娠したことを聞かされる熙舜(笠松)は「困るよ」と佳奈を突き放す。料理人を目指している熙舜は父親との間にも確執を持っており、佳奈と真剣に向き合うことも父親になる決心もつけられず、思い悩むが……。

 藤井監督は“成長への気づき”というテーマについて「自分が解釈したのは“道のり”だったのかなと。自分たちでカメラを買って、最初に10万円とかで自主映画を撮っていたのですが、その中で確実に “成長”というものはあるわけで。あの辛い時期があったからこそ、自分が若い作家たちにしてあげられることは自分にしかできないことだと思います。今回やる自分の作品もそういうものを大事にしてできたらなと思っています。ただ、非常に難しいテーマだとも思っています」と語っている。(編集部・大内啓輔)

映画『DIVOC-12』予告<藤井道人監督チーム> » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT