「おかえりモネ」百音が新たな企画に動き出す…18週のあらすじ

頼もしくなってきた百音
頼もしくなってきた百音 - (C) NHK

 連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が9月13日から18週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

百音は24歳に…「おかえりモネ」第86回【写真】

 「おかえりモネ」は、宮城県は気仙沼に生まれ育ち、登米で青春を送る永浦百音(清原果耶)が気象予報という仕事を通じて、人々に幸せな未来を届けていく姿を描く物語。9月13日からは第18週「伝えたい守りたい」に突入する。

[PR]

 2019年9月、百音の24歳の誕生日を控えたある日、サポートを続けていた車いすマラソン選手の鮫島(菅原小春)の代表選考レースが行われていた。気象条件は揃っていると勝利に自信を持つ百音たち。みんなのサポートを受けて鮫島はゴールし、ついに国際大会の代表の座を手にする。

 選考レースから数日後、百音は自身が考えた企画を社長にプレゼンしていた。故郷・気仙沼への思いも手伝って、社長の安西(井上順)に地域密着型の気象サービスの新事業を提案していた。新しいビジネスに精力的な朝岡(西島秀俊)は、今度は一般の人から天気の情報を集めるアプリの運用を始めていた。

 そんななか、大型の台風が日本列島に迫りつつあり……。

 「おかえりモネ」の脚本を手掛けるのは、ドラマ「きのう何食べた?」や、清原にとって初主演ドラマとなった「透明なゆりかご」などの安達奈緒子。主題歌である BUMP OF CHICKEN の「なないろ」が物語を彩る。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]