『マッドマックス』フュリオサ単独映画、2024年5月に公開延期

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』シャーリーズ・セロンふんするフュリオサ
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』シャーリーズ・セロンふんするフュリオサ - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場した女戦士フュリオサを主役とするスピンオフ『フュリオサ(原題) / Furiosa』の全米公開が、2023年6月23日から2024年5月24日に延期となった。現地時間10日、米ワーナー・ブラザースが発表した。

【画像】豪華な顔ぶれ!『フュリオサ』メインキャスト

 『怒りのデス・ロード』でシャーリーズ・セロンが演じた丸刈り&義手の戦士フュリオサの過去に迫る本作。若き日のフュリオサを演じるのは、Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」などで知られるアニャ・テイラー=ジョイだ。メガホンを取るジョージ・ミラー監督は今年4月に行われた記者会見で、本作はサーガであると表現し、「数年にわたる物語であり、さまざまな要素を含んでいます」と語っていた。

 共演には、『マイティ・ソー』シリーズでお馴染みのクリス・ヘムズワース、人気シリーズ最新作『マトリックス レザレクションズ』にも出演しているヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世と実力派が揃った。本作はオーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州で撮影される予定で、Varietyは11月から12月にかけてプリプロダクション(撮影前の準備作業)が行われると報じている。(編集部・倉本拓弥)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]