ADVERTISEMENT

“ダニエルボンド”の活躍を総復習!『007』最新作につながる特別映像が公開

ダニエルボンドの結末は?
ダニエルボンドの結末は? - (C) Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.All Rights Reserved.

 ジェームズ・ボンドの活躍を描く『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が10月1日より全国公開。ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)からの活躍を垣間見ることができる特別映像が公開された。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』特別映像【動画】

 『007』シリーズ第25弾にして、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の映画となる本作。諜報員の仕事から離れてリタイア後の生活の場をジャマイカに移していたボンドが、誘拐された科学者の救出任務という過酷なミッションにあたることになる。監督をテレビドラマ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」などのキャリー・フクナガが務め、レイフ・ファインズナオミ・ハリスといったおなじみの面々に加えてラミ・マレックなどがキャストに名を連ねる。

ADVERTISEMENT

 今回、ジェームズ・ボンドとしてダニエルが初登場した『007/カジノ・ロワイヤル』から辿った軌跡を過去のシリーズの映像とともに振り返る特別映像が公開。『007/カジノ・ロワイヤル』からはマッツ・ミケルセンエヴァ・グリーン、『007/慰めの報酬』(2009)からはオルガ・キュリレンコマチュー・アマルリック、『007 スカイフォール』(2012)からはバビエル・バルデムベン・ウィショー、『007 スペクター』(2015)からはモニカ・ベルッチレア・セドゥの姿が捉えられ、最新作につながるダニエルボンドの活躍が収められている。

 『007 スペクター』で00エージェントを引退したボンドだが、最新作では再び任務に復帰することになる。旧敵ミスター・ホワイトの娘で恋人マドレーヌ(レア・セドゥ)との関係や、ダニエルボンドシリーズを通して描かれる宿敵、悪の組織「スペクター」との決着、ブロフェルドがボンドに「共通の敵だ」と語る敵サフィン(ラミ・マレック)の目的、そしてダニエルボンドの結末に期待が高まる。(編集部・大内啓輔)

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』特別映像(Story So Far) » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT