『犬神家の一族』4Kデジタル修復版が初上映

「角川映画祭」ポスター
「角川映画祭」ポスター - (C)KADOKAWA

 角川映画45年記念企画として「角川映画祭」が11月19日からテアトル新宿、EJアニメシアター新宿ほかにて開催され、市川崑監督の『犬神家の一族』(1976)の4Kデジタル修復版が初上映されることが明らかになった。

深作欣二監督作『復活の日』【画像】

 「角川映画祭」では『犬神家の一族』のほか、日本映画史に残る名作31作品を一挙劇場公開。深作欣二監督の『復活の日』(4K修復版/1980)、原田知世の映画デビュー作『時をかける少女』(大林宣彦監督、1983)、先日逝去した澤井信一郎監督による『Wの悲劇』(1984)、薬師丸ひろ子の人気が爆発した『セーラー服と機関銃』(相米慎二監督、1981)、森田芳光監督の『メイン・テーマ』(1984)などがラインナップ。

 また、千葉真一さんへの追悼企画で、千葉さんが主演とアクション監督を務めた『戦国自衛隊』(斉藤光正監督、1979)が特別上映される。(清水一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]