ADVERTISEMENT

木村拓哉が破顔『マスカレード・ナイト』100万人突破!

映画『マスカレード・ナイト』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した木村拓哉
映画『マスカレード・ナイト』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した木村拓哉

 俳優の木村拓哉が23日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『マスカレード・ナイト』(公開中)大ヒット御礼舞台あいさつに出席。公開7日目で観客動員100万人を突破したことを聞いた木村は「劇場のすべてのイスに座れるという状況じゃない中、たくさんの方に観ていただけて本当に嬉しいです」と感謝を述べた。舞台あいさつには長澤まさみ鈴木雅之監督も登壇した。

感謝を伝える木村拓哉&長澤まさみ【舞台あいさつ写真】

 人気作家・東野圭吾の「マスカレード」シリーズを映画化した『マスカレード・ホテル』の続編となる本作。カウントダウン・パーティーが開催されるホテルを舞台に、警視庁捜査一課の破天荒な刑事・新田浩介(木村)と、真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美(長澤)が、招待客の中に紛れ込んだ殺人犯を逮捕すべく奔走する姿を描く。

ADVERTISEMENT

 9月17日に公開を迎えると、20日までのオープニング興行収入で9億4,000万円を超える絶好のスタートを切った。その後も数字を重ね、23日の公開7日目で動員100万人、興収13億5,000万円を突破した。木村は「この状況の中、劇場のイスにすべて座れるわけではない中でのこの数字は、たくさんの方に観ていただけたということで本当に嬉しいです」と笑顔を見せる。

 続いて、公開7日目での動員100万人突破は2021年公開の邦画実写作品では最速であることが発表されると、長澤も「数字の大きさに実感がわかないのですが、何度も足を運んでくださっている方もいるようで、本当に嬉しい。ありがとうございます」と感謝を述べる。

 反響の大きさを木村も実感しているようで「久しぶりの友達から『観たよ』という連絡を結構もらっています」と明かすと、長澤も「前作も面白かったけれど、今作はよりスピード感が増して面白いと言われて、少しは自分も成長できたのかなと思って嬉しかったです」と満面の笑みを浮かべた。

 感謝を込めたこの日の舞台あいさつは、全国108館の劇場に生配信された。木村は「こうした状況が収束したら、必ず全国の皆さんのもとに伺いたいです」と力強くコメントすると「今いろいろなストレスを抱えながらの生活だと思いますが、必ず一緒に乗り越えたい。この映画をスクリーンで観ている間は、ストレスを忘れて楽しんでいただければ」と全国の劇場に足を運んだファンにメッセージを送っていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT