ADVERTISEMENT

名曲も!スピルバーグ版『ウエスト・サイド・ストーリー』ダンスシーン映像が公開

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像「America(アメリカ)」編 12月10日(金)公開 » 動画の詳細

 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が超有名ミュージカルを映画化する最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(12月10日公開)から、名曲「America(アメリカ)」が流れるダンスシーンなどを収めた新映像が公開された。

『ウエスト・サイド・ストーリー』新映像「America(アメリカ)」編

 1957年に誕生したミュージカル「ウエスト・サイド物語」はブロードウェイを席巻し、1961年にはロバート・ワイズ&ジェローム・ロビンズ監督によって映画化もされた伝説の作品。スピルバーグ版では『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートが主人公トニーにふんするほか、ディズニーの実写版『白雪姫』の主演抜擢で話題のレイチェル・ゼグラー、61年の映画でアカデミー賞助演女優賞を受賞したリタ・モレノらが出演する。

 物語の舞台は、差別や偏見に満ちた社会の中で若者たちが同胞の仲間と結束し、ポーランド系移民の“ジェッツ”とプエルトリコ系移民の“シャークス”が激しく対立する1950年代のニューヨーク。今回公開された映像には、熱狂に包まれたダンスホールでジェッツの元リーダーであるトニーと、シャークスのリーダーを兄に持つマリアが運命的な出会いを果たす様子が収められており、終盤にはシャークスのメンバーたちがウエスト・サイドの街へ飛び出して力強いダンスを踊るシーンが登場する。このシーンで流れるのは、レナード・バーンスタインが作曲した名曲「America」。シャークスのメンバーが、異なる場所で育った人々が集う地“アメリカ”を褒めたたえる印象的なナンバーとなっている。(須田璃々)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT