ADVERTISEMENT

ダニエル・クレイグ、最後の007で描きたかったのは「関係性」 MI6メンバーは「ボンドが帰る場所」

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミアでのダニエル・クレイグ
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミアでのダニエル・クレイグ - Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures

 映画『007/カジノ・ロワイヤル』から最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』まで5作、15年にわたってジェームズ・ボンドを演じ切ったダニエル・クレイグがインタビューに応じ、現在の思いを明かした。

【画像】新ボンドガールが大人気!パロマ役のアナ・デ・アルマス

 これだけの長い期間、一つのキャラクターと向き合い続けるのは「ものすごく稀な経験」だったというダニエル。それは、ジェームズ・ボンドがどんどん自分の一部になっていくような感覚なのだろうか?「どうかな……。ボンドが本当に僕の一部になるとは思わないけれど、いつも感じていたのはこのキャラクターの中に少し自分が入っているということだった。でもわからない。比較対象がないからね(笑)。僕にとってはジェームズ・ボンドだけ。このような仕事は他に知らないから。このシリーズは僕の人生全体にとてもポジティブな影響をもたらし、僕はいつでもそこから素晴らしいものを得ていた」

ADVERTISEMENT

 ダニエルがこのシリーズで心掛けてきたことは、「常に改良していくこと」だ。「より良いものにしていっていると思えるかぎり、続けることができる。僕は『ノー・タイム・トゥ・ダイ』でまたこの役を演じられるのを心待ちにしていた。なぜなら僕たちには本当にいいアイデアがあり、それらをこの映画で描写したかったから」「そのこと(自身のボンドにふさわしい終わり)については15年間話し合ってきた。僕たちには『カジノ・ロワイヤル』からここまで語り続けてきた物語があり、それら全ての未完になっていた部分をまとめ上げた。本作はアクション映画で、たくさんのスタントや素晴らしいロケーションも出てくるが、根幹を成しているのはラブストーリーなんだ」

 「僕はビッグマウスだから」と笑うダニエルは、脚本にも徹底的に意見している。「僕は脚本、ストーリーに深く関与していて、そうすることに情熱を持っていた」。監督・脚本のキャリー・フクナガとの仕事は「とても刺激的で情熱的だった」といい、「僕たちは日中、撮影現場で共に働き、夜になったら共に座って書き、遅くまで脚本やアイデアに取り組み、働き続けた」と全身全霊をかけた制作を振り返った。

サフィン
左からQ役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリス、ダニエル、M役のレイフ・ファインズ - 前作『007 スペクター』フォトコールにて - Dave M. Benett / WireImage / Getty Images

 ダニエルが自身最後の007映画として、特に深く掘り下げたかったというのが、ボンドと彼を支えてきたキャラクターたちとの関係性だ。「この映画は前作『007 スペクター』のラスト、ボンドとマドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)が立ち去るところから始まり、全編を通して二人の関係を探究する。それに加えて、僕たちは他の関係も探究するんだ。Q(ベン・ウィショー)、マネーペニー(ナオミ・ハリス)、M(レイフ・ファインズ)というMI6メンバーたち。彼らの存在がボンドにとっていかに大切なものかをね。それにフェリックス・ライター(ジェフリー・ライト演じるボンドの旧友のCIAエージェント)。彼ら全員がこの映画で大きな役割を果たしている」

ADVERTISEMENT

 これまでのシリーズとはイメージを一新したMI6メンバーたちは、ダニエルにとってのボンド映画3作目『007 スカイフォール』(サム・メンデス監督)で初登場した。「ベン・ウィショー、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス。彼らは一人でも素晴らしい俳優たちだ。そんな彼らが僕たちと一緒にいてくれて幸運だった。彼らを起用したサム・メンデスのおかげだね。彼らはボンドにとって錨のような存在。ボンドが帰る場所で、ある意味、家族なんだと思う」「レイフ、ベン、ナオミのような素晴らしい俳優が相手だと、僕の仕事はすごく簡単になる。それに楽しい。子供の遊びのようなんだ」

 ダニエルの思いがこもった本作は、新型コロナウイルスの影響で長らく公開が延期されてきた。「新型コロナウイルスは生活を大きく変えてしまった。ボンド映画はそうした多くのことと比べると、そこまで重要ではない。だが、僕は今こうしてここにいて、映画を公開できること、人々に観てもらえることにとてもほっとしている。本作は多くの人々による多大な努力の結晶だ。僕は美しい映画を作ることができたと思っているし、人々に観てもらいたい。本作が、僕たちが経験してきた(苦しい)時期の終わりを、少なくとも“終わりの始まり”を告げるものになり、人々が外に出て映画館に行って一緒に過ごし、議論して、いい時間を過ごしてもらえたらと願っている」

 今後、ボンド役が恋しくなると思うかとの問いには「ああ、もちろん」と即答したダニエル。ボンドを演じたこの15年間については、「今? 一瞬だったよ。昨日のように感じる。そんなに長い時間がたったなんて信じられない。だけど、その途中では長いと感じたかもね」といたずらっぽく笑っていた。(編集部・市川遥)

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT