ADVERTISEMENT

斎藤工、“妊夫役”でふっくらおなか Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」ティーザーアート&予告編

「ヒヤマケンタロウの妊娠」ティーザーアートの斎藤工と上野樹里
「ヒヤマケンタロウの妊娠」ティーザーアートの斎藤工と上野樹里

 「もし男性が妊娠したら?」をテーマに、男女逆転生活をコミカルに描く社会派コメディードラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」のティーザーアートと予告編が公開された。妊娠する主人公を演じる、斎藤工の「妊夫」姿が映し出されている。本作はNetflixがテレビ東京と共同で企画・製作。オリジナルシリーズとして2022年に全世界独占配信する。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」ティーザー予告編

 原作は、坂井恵理による同名漫画(講談社『BE LOVE KC』所載)。男性が妊娠・出産するようになった世界で、思わぬ妊娠をきっかけに今まで見てこなかった社会の様々な問題に直面した主人公が、奮闘のなかで徐々に周囲と自分自身を変えていく姿を描いた成長の物語だ。

ADVERTISEMENT

 ある日突然、自分が妊娠していることを知ったエリート広告マンの桧山健太郎(斎藤工)と、そのパートナーの瀬戸亜季(上野樹里)。お互いに親になることは考えていなかった2人は、想定外の出来事に戸惑うばかり。妊娠を告げた日から向けられる、周囲からの予想外の眼差し。「妊夫」として「妊婦」が体験する苦労に向き合う桧山と、そんな彼と共に悩み寄り添おうとする亜季。そんな2人に、マイノリティーである男性妊娠に対する社会の風当たりは強く……。

 ティーザーアートは、大きくなったおなかに触れながら寄り添う桧山と亜季を捉えた心温まる仕上がり。また予告編は、エリート広告マンとして適度に人生を謳歌していた桧山が、医師から妊娠を告げられる場面からスタート。ライターとして結婚よりも仕事を優先しているパートナーの亜季は、桧山の報告に「私の子なの?」と言ってしまったと友人に相談。女性が言われて傷つく言葉を、思わず亜季が口にしてしまう、男女逆転の世界を象徴するひとコマが映し出されている。体に起きる変化に戸惑いながら、妊娠を隠して働く桧山。現代の妊娠・出産にまつわる多くの問題に直面しながら、2人は大きな決断をくだす。

 脇を固める共演者として、筒井真理子リリー・フランキー岩松了高橋和也らの出演も発表。監督は、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の箱田優子と、『ハローグッバイ』『望郷』などの菊地健雄。脚本は「全裸監督」の山田能龍をはじめ、『あのこは貴族』の岨手由貴子、『ミセス・ノイズィ』の天野千尋が担当する。(編集部・入倉功一)

Netflixシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」は2022年、Netflixにて全世界同時独占配信

『ヒヤマケンタロウの妊娠』予告編 - Netflix » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT