ADVERTISEMENT

『コンフィデンスマンJP 英雄編』に瀬戸康史、広末涼子、真木よう子ら第2弾キャスト発表

新キャスト発表!
新キャスト発表! - (C) 2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 長澤まさみが主演を務める映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』(2022年1月14日公開)に、瀬戸康史広末涼子織田梨沙関水渚徳永えり真木よう子が出演することが発表された。

【写真】真木よう子、着物&ドレス姿が美しすぎ!

 本作は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、「リーガルハイ」シリーズなど数々のヒット作を手掛けた脚本家・古沢良太によるオリジナルドラマの映画化第3弾。信用詐欺師(=コンフィデンスマン)のダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人が、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取るさまを描く。今作の舞台は、地中海に浮かぶ世界遺産の島・マルタ島。街全体が世界遺産に登録されているマルタの首都・ヴァレッタで、騙し合いバトルが勃発する。

ADVERTISEMENT

 シリーズ初参戦となる瀬戸が演じるのは、ダー子たちの前に立ちはだかる国際的なエリート捜査官・マルセル真梨邑。若くして多くの難事件を解決した手腕により、パリ市警からICPO(国際刑事警察機構)に引き抜かれたスーパーエリートで、オッドアイが印象的な人物だ。同じく新キャストとして出演する真木の役名は一切不明。マルタに来た観光客のようで……。さらに、海上自衛官役で徳永も初登場する。

 また、腕利きハニートラッパー・韮山波子(広末)、ダー子の一番弟子・モナコ(織田)、前作で世界的大富豪であるフウ家を相続し、プリンセスとなったコックリ(関水)と引き続き人気キャラたちも登場する。

 なお、映画第1弾『コンフィデンスマン JP ロマンス編』(2019)は、興行収入29.7億円、第2弾『コンフィデンスマン JP プリンセス編』(2020)は興行収入38.4億円といずれも大ヒットを記録した。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT