ADVERTISEMENT

小栗旬×星野源『罪の声』Netflixで11月配信 大泉洋『騙し絵の牙』も

『罪の声』がSVOD独占配信
『罪の声』がSVOD独占配信 - (C)2020 映画「罪の声」製作委員会

 22日、ストリーミング配信大手のNetflixが11月のラインナップを発表。小栗旬星野源の共演で、かつて日本中を震撼させた未解決事件を題材にした小説を映画化した『罪の声』を11月1日よりSVOD独占配信する。

小栗旬&星野源の共演シーン!『罪の声』緊迫の特報

 原作は、実在の劇場型事件をモチーフにした塩田武士のミステリー小説。昭和最大の未解決事件の真相を追う新聞記者・阿久津英士(小栗)と、父の遺品から幼い自分の声で録音された事件の脅迫テープを見つけた仕立て屋・曽根俊也(星野)。事件をめぐって交差する二人の男と関係者の数奇な運命を描く。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子が脚本を、土井裕泰が監督を務めた。

 そのほか邦画作品では、塩田が大泉洋を主人公に当て書きした小説が原作の『騙し絵の牙』を11月26日よりSVOD独占配信。大泉に松岡茉優佐藤浩市らの共演で、雑誌の存続を懸けて奔走する編集長を描く。『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八が監督を務め、『天空の蜂』などの楠野一郎と共同で脚本も手掛けた。(西村重人)

ADVERTISEMENT
小栗旬&星野源の共演シーン!『罪の声』緊迫の特報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT