ADVERTISEMENT

岡田将生&川口春奈、まるで本当の兄妹!撮影中の微笑ましいエピソード

川口春奈と岡田将生
川口春奈と岡田将生

 岡田将生川口春奈が28日、都内で行われた映画『聖地X』(11月19日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに登壇し、初共演で兄妹役を演じた二人が撮影時に本当の兄妹のようだったという仲良しエピソードを披露した。この日は共演者の緒形直人入江悠監督も来場した。

岡田将生&川口春奈が兄妹役!『聖地X』予告編【動画】

 本作は、劇団イキウメを主宰する劇作家・演出家である前川知大の戯曲を原作にしたホラー。韓国に暮らす兄・輝夫(岡田)のもとを訪ねた要(川口)は、立ち入った者が奇妙な死を遂げると伝わる聖地Xに足を踏み入れてしまう。不可解な現象に襲われる彼らは祈祷師のおはらいを受けるも、次々と惨劇が身に降りかかる。

ADVERTISEMENT

 岡田は共演した川口について「嘘をつけない正直な方で、一緒に仕事をしていてすごく気持ちいい。僕がダメダメなお兄ちゃんを演じているのですが、撮影の現場でも妹として僕を叱ってくれるので、頼っている部分はありました」と好印象を明かす。一方の川口も「撮影中もくだらない話を聞いてくださって、とても優しいお兄ちゃんでした」と笑顔を見せた。そんな二人について、緒形は「撮影中も大体、川口さんが岡田くんを突っついたり、くすぐったり、ちょっといたずらをするんです。そのときの岡田くんのいなし方が絶妙で、まぁ優しい。年の離れた兄妹像がそこに存在していました」と報告した。

 入江監督は「日韓で撮影の手法が違ってピリピリすることもあるんですけど、岡田くんはずっとニコニコして温かい空気でいてくれた」と感謝。川口については「(劇中に登場する)犬を可愛がっていたけど、クランクアップの時に噛まれると、急に暗くなって全然喋らなくなった。そのテンションの落ち方が妹っぽい」と暴露すると、川口は「いきなりガブッといかれて『なんだよ……と思いました』と可愛くふてくされた。

 作品にちなんで自身にとっての聖地を尋ねられると、岡田は「毎年1月に伊勢神宮に行くと、すごくパワーをいただけて、今年の仕事も頑張ろうという気持ちになる」とコメント。川口は「どこでもいいんです。バカなので、どこでも楽しめるし、寝られる」と言いつつも「でも、地元はやっぱりいいですね。地元というか田舎が好きです」と話した。(錦怜那)

ホラー映画『聖地X』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT