ADVERTISEMENT

楠大典、甲斐田裕子、加瀬康之『レッド・ノーティス』日本版声優に決定

おなじみの安心感!
おなじみの安心感!

 ロック様ことドウェイン・ジョンソンガル・ガドットライアン・レイノルズが共演するNetflix映画『レッド・ノーティス』(11月12日独占配信開始)より、日本版声優に楠大典甲斐田裕子加瀬康之ら各俳優の吹き替えでおなじみの声優陣が決定した。

【動画】ロック様ぶっ飛ぶ?『レッド・ノーティス』映像

 タイトルの“レッド・ノーティス”とは、インターポール(国際刑事警察機構)から、世界の最重要指名手配犯を逮捕するためにのみ発令される特別な国際手配書のこと。ドウェインが世界的指名手配犯を追いかけるFBIトップ捜査官ハートリー、ライアンが世界最高の詐欺師ノーラン、ガルが美しき超凄腕の大泥棒ビショップにふんし、手を組んだ三人が世界を舞台に壮大な美術品泥棒計画を企てる。監督は『スカイスクレイパー』のローソン・マーシャル・サーバーが務める。

 『ジュマンジ』シリーズなどでドウェインの声を担当した楠は「ドウェインが演じてきたキャラクターの中で、今回のハートリーは1番王道で、かっこいい役」とアピール。『ワンダーウーマン』シリーズなどでガルの声を担当した甲斐田は「男たちを手玉に取りながら自由に楽しんでいる姿が魅力的」と今回演じたビショップならではの魅力を語った。『デッドプール』シリーズなどでライアンの声を担当した加瀬は「相変わらずな台詞量!! しかし、もうビックリもしませんでした(笑)」と『デッドプール』との共通点を明かした。(今井優)

ADVERTISEMENT
『レッド・ノーティス』ティーザー予告編 - Netflix » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT