ADVERTISEMENT

『トランスフォーマー』最新作、全米公開が1年延期…2023年6月に

撮影はすでに終了している『ビースト覚醒』 - 画像は第3弾『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』より
撮影はすでに終了している『ビースト覚醒』 - 画像は第3弾『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』より - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の全米公開日が、2022年6月24日から約1年後の2023年6月9日に延期された。米パラマウント・ピクチャーズが発表した。

【画像】G1を思わせるデザイン!『ビースト覚醒』のオプティマス・プライム

 『クリード 炎の宿敵』のスティーヴン・ケイプル・Jr監督がメガホンを取る本作は1994年が舞台となり、オートボットに加えて、マクシマルズやプレダコンズといった「ビーストウォーズ」が参戦する。キャストも一新され、『イン・ザ・ハイツ』のアンソニー・ラモスと『プロジェクト・パワー』のドミニク・フィッシュバックが主要キャラクターを演じる。なお新公開日の2023年6月9日には、ソニーのマーベル映画(タイトル未定)も封切られる。

 『トランスフォーマー』の全米公開日が2023年6月9日に変わったことで、同日公開予定だったパラマウント製作の『スター・トレック』新作映画が、2023年12月22日に延期となった。マーベルドラマ「ワンダヴィジョン」のマット・シャックマン監督が手がける同作は現状、『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンス監督がメガホンを取る『スター・ウォーズ』新作映画『ローグ・スクワドロン(原題) / Rogue Squadron』と同じ公開日となっている。(編集部・倉本拓弥)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT