ADVERTISEMENT

安田顕、父親役で“家族”と謎のコミュニケーション

安田顕
安田顕

 安田顕が21日、スペースSF汐留で行われた主演映画『私はいったい、何と闘っているのか』(12月17日公開)のプレミア試写会イベントに登壇し、父親役を務めた本作で家族役のキャストたちの撮影エピソードを明かした。この日は、共演者の小池栄子岡田結実SWAY劇団EXILE)、李闘士男監督も来場した。

【動画】『私はいったい、何と闘っているのか』予告編

 本作は、つぶやきシローによる小説の映画化。地元密着型スーパー「ウメヤ」に勤める万年主任の伊澤春男(安田)が、仕事や家族のために悪戦苦闘する日常と、店長昇格を懸けた闘いの行方を描く。この日、主演を務めた安田は「上映後ということで少し楽な気持ちでお話できると思います。どうぞよろしくお願いいたします」と緊張しながらも感謝の言葉であいさつ。

ADVERTISEMENT

 家族の大黒柱である父親を演じた安田は共演者について「短い時間でコミュニケーションを取って、輪を作っていくということが大事なんですが、そういう部分を小池さんが引っ張ってくださいました」とコメント。その一方で「お昼ご飯を(家族役の)子どもたちのところにわざわざ椅子を持って行って食べるんですが、特に何も話すこともない(笑)。また椅子を持って自分の部屋に戻るという、謎のコミュニケーションを取っていました」と笑いを誘う。

 11月22日が“いい夫婦の日”であることにちなんで、理想の夫婦像について話題が及ぶ。春男を支え、伊澤家のムードメーカーである妻の律子を演じた小池は「何があっても一番の味方でいてあげることじゃないですか。律子は春男に色んなことがあっても、とやかく言わずに信じて、一番の味方でいる女性。なので、今回演じてみて、私も一回り良い女房になれたらなと思いました」と語る。その回答に小学生の小山が大きく頷くと、監督からのツッコミが入り、会場に大きな笑いが起こった。

私はいったい、何と闘っているのか
画像のキャプション

 また、劇中で春男が定食屋のカツカレーを食べてストレスを発散していたことから、キャストたちの実際の発散方法についても質問が。安田と小池はともにお酒を呑むことだと意見が一致。「この間、朝の3時半に仕事が終わって、そのまま8時出発だったけど呑んだもんね」と安田からパワフルすぎるエピソードを披露すると、小池も「呑まないとその日がリセットされた感じがしないですよね」と多忙の中の生活の癒やしとなっていることを伺わせた。

 最後に安田から「1日が思い通りに上手くいったことって私ないんです。小さいことですぐくよくよしたり、あーだこーだ考えることが皆さんもあると思うんです。思い通りにいかない、でもそれでもいいじゃないかと。もっともっと素敵なことが起きてるよ、ということを気づかせてくれる映画だと思っています。今日はありがとうございました」と締めくくった。

映画『私はいったい、何と闘っているのか』予告編【2021年12月17日公開】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT