ADVERTISEMENT

倉科カナの悪女ぶり話題!「ハンオシ」で衝撃の一人二役

「婚姻届に判を捺しただけですが」7話より、倉科カナ演じるインフルエンサーの野上香菜
「婚姻届に判を捺しただけですが」7話より、倉科カナ演じるインフルエンサーの野上香菜 - (C)TBS

 11月30日に放送された清野菜名坂口健太郎共演のTBS火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(夜10時~)第7話で、180度異なる一人二役に挑んだ倉科カナの演技が反響を呼んでいる(※一部ネタバレあり)。

【写真】「怖い」と反響を呼んだ倉科カナの名シーン

 本作は、有生青春の同名漫画を原作に、27歳の中堅デザイナー・大加戸明葉(清野)と、広告代理店に勤める30歳の百瀬柊(坂口)の偽装結婚の行方を描くラブコメ。第7話は、前話で勢いで百瀬にキスしてしまった明葉の葛藤、百瀬と兄嫁・美晴(倉科カナ)にソックリなインフルエンサー・野上香菜の出会いが描かれた。

ADVERTISEMENT

 香菜は、後輩の代理として観光キャンペーンの仕事を担当することになった百瀬が出会ったインフルエンサー。百瀬は、香菜が長年片思いしていた美晴にあまりに似ていることに動揺。香菜は百瀬に気があるようで、あの手この手でグイグイ迫り、SNSでも匂わせ投稿を連発。明葉も美晴に瓜二つの香菜の出現にショックを受ける一方で、百瀬と明葉の偽装結婚を知った香菜は明葉を「限定品」呼ばわりしてネチネチと攻撃。明葉を「全然美晴さんじゃない」と戦慄させていた。

 天然&朗らかで人の痛みにも敏感な美晴と、計算高く人によって見せる顔を変える香菜。SNS上では真逆のキャラクターを演じ分けた倉科に「怖い……」「一人二役凄い」「別人みたい」「イライラする。演技うますぎ」と驚きの声が寄せられていた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT