ADVERTISEMENT

長澤まさみ、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」語り担当

「鎌倉殿の13人」語り担当は長澤まさみ!
「鎌倉殿の13人」語り担当は長澤まさみ! - Jun Sato / WireImage / Getty Images

 NHKは2日、女優の長澤まさみが、来年1月9日よりスタートする、主演・小栗旬、作・三谷幸喜の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で語りを担当すると発表した。

【画像】「鎌倉殿の13人」セットの小栗旬

 ナレーションでの大河ドラマ参加に、長澤は「これまでの大河ドラマにはくノ一(『天地人』の初音)や『真田丸』の“きり”ちゃんのような、ちょっと普通ではないキャラクターでの出演が多かったので、今回も語りという、普通ではない形で出演できて嬉しいです(笑)」とコメント。

ADVERTISEMENT

 また「ナレーションの仕事は好きで、いつか大河ドラマのナレーションもできたらいいなと憧れていました。1年を通して見届ける立場にいるので、嬉しい反面、責任重大だと思っています。三谷幸喜さんからは、 『登場人物たちに寄り添い、隣の部屋からささやいているような距離感で』とイメージをお聞きしているので、その立ち位置を大事にしていきます」と語っている。

 「鎌倉殿の13人」は、鎌倉幕府誕生を背景に、源頼朝に学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)の生きざまを描く物語。源頼朝を大泉洋が演じるほか、義時の初恋の人にして頼朝の最初の妻である八重役の新垣結衣、頼朝の弟である源義経役の菅田将暉など、キャストには多彩な顔ぶれが揃う。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT