ADVERTISEMENT

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』続編、監督続投で製作決定!

やったー! - 映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』より
やったー! - 映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』より - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』続編が進行中であると、Deadlineが独占で報じた。前作を手がけたデスティン・ダニエル・クレットンが監督・脚本を務める。

【画像】シャン・チーの頼れる妹!戦う美女シャーリン

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初となるアジア系スーパーヒーローを主役にした前作は、犯罪組織で育てられたシャン・チー(シム・リウ)が、伝説の腕輪“テン・リングス”を操る父ウェンウー(トニー・レオン)に立ち向かうさまを描いた作品。今年48歳の若さで亡くなったスタント・コーディネーターのブラッド・アランさんが演出した本格カンフーアクションも話題となり、全世界興行収入は4億3,191万112ドル(約496億円)を記録している。(数字は Box Office Mojo調べ、1ドル115円計算)

ADVERTISEMENT

 同サイトによると、デスティン監督はマーベル・スタジオ及びHuluのオニキス・コレクティブと複数年にわたるオーバーオール契約を締結。『シャン・チー』続編に加えて、Disney+向けの新たなMCU作品の企画開発を進めている。詳細は不明だが、Varietyの情報筋によると、デスティン監督による新作はコメディーになるという。

 マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは、「デスティンは『シャン・チー/テン・リングスの伝説』にユニークな視点とスキルをもたらした素晴らしいコラボレーターです。映画製作において素晴らしい時間を共にできましたし、Disney+で展開する物語について興味深いアイデアを複数持っています。彼との関係を発展させることができて嬉しく思うと同時に、企画に取り組める日が待ち遠しいです」と声明でコメント。デスティン監督は、「『シャン・チー』でケヴィンやマーベル・スタジオのチームと仕事ができたことは、人生で最も素晴らしい出来事の一つです。新たなストーリーを語りつつ、このコミュニティーに新たな世界を構築することが今から楽しみです」と意気込んだ。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT