ADVERTISEMENT

小栗旬、初大河のガッキー絶賛「義時にストーカー感」

左から菅田将暉、新垣結衣、小栗旬、大泉洋、小池栄子
左から菅田将暉、新垣結衣、小栗旬、大泉洋、小池栄子 - (C)NHK

 女優の新垣結衣が17日、2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(1月9日スタート、NHK総合ほか)オンライン出演者会見に出席。自身初となる大河ドラマ出演に、主演の小栗旬から「動じない人だなと思った」と評価されるも「いや動じています、緊張しています……」と胸の内を吐露していた。会見には菅田将暉小池栄子大泉洋清水拓哉チーフ・プロデューサーも参加した。

【写真】会見の模様

 本作は、大河では過去「新選組!」「真田丸」を執筆した三谷幸喜が脚本を務め、鎌倉時代を舞台に、源頼朝にすべてを学び武士の世を盤石にした男・北条義時が、いかにして武士の頂点に上り詰めていくのかを描いた物語。新垣は小栗演じる義時の初恋の人であり、源頼朝(大泉洋)の最初の妻となる八重役を担う。

ADVERTISEMENT

 大河ドラマ初出演となる新垣。小栗からは「一緒に共演して動じない人だなと感じました」と感想を述べられると、新垣は「いや動じています。緊張しています」と苦笑い。さらに小栗は「僕がガッキーを好きだなと思ったのが、リハーサルに早めに来ていたり、自分と全然関係ないシーンもしっかり見ていたり」と丁寧に現場に取り組んでいることを評価。

新垣結衣

 そんな小栗の言葉に「大河ドラマが初めてで、撮影システムも分からないので、少しでも情報収集をしようと思ったんです」と理由を説明すると「なかなかお会いできない共演者もいらっしゃるので、ちゃんと見ておきたかったんです」と語った。

 小栗の新垣への評価を聞いた菅田から「本当に周囲を良く見ていますよね」と触れられた小栗は「義時にも似たようなところがありますね。今回の八重に対する義時のアプローチは、弱冠ストーカー感があるかもしれません」と発言して周囲を笑わせていた。

ADVERTISEMENT

 新垣演じる八重について、自身との共通点を問われると「あまり自分では似ているところはないと思います。あそこまでしっかりはしていないかな」と回答。しかし「八重さんはいろいろなところに大切なものがあり、それを全部守るために、何が一番いいのかを見極めようとしている部分には共感できます」と語っていた。

 また、三谷脚本への出演も初となる新垣は「とても理解しやすい本を読ませてもらっている」と感じていることを明かすと「歴史を動かした偉大な人を描いていますが、シリアスな部分だけではなく、可愛らしいところもしっかり描いているのが面白いです」と感想を述べていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT