ADVERTISEMENT

「ルパン三世 PART6」第10話で押井ルパン再び!

「ダーウィンの鳥」より今度の押井ルパンはどんな展開に?
「ダーウィンの鳥」より今度の押井ルパンはどんな展開に? - 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

 12月18日(24:55~)に放送される、モンキー・パンチ原作の人気テレビアニメ最新作「ルパン三世 PART6」の第10話では、映画監督・押井守が、第4話に続いて脚本を担当。オムニバスエピソード回「ダーウィンの鳥」を放送する。

【動画】ルパン三世・栗田貫一、今も「カリオストロの城」で声を整える「ルパン三世 PART6」インタビュー

 「ルパン三世」アニメ化50周年を記念する本作では、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』などアニメ・特撮の脚本も手掛ける推理小説家・大倉崇裕がシリーズ構成を担当。オムニバスエピソードの脚本家に、辻真先芦辺拓樋口明雄湊かなえ、そして押井守など、小説・アニメ業界を代表する作家陣が集結したことも話題を呼んでいる。

ADVERTISEMENT

 押井は、前回担当したオムニバスエピソード「ダイナーの殺し屋たち」で、殺し屋が集うダイナーを舞台に、ルパン一味が姿を見せない、2人の男性客とウェイトレスの会話劇を展開。特異なるルパン三世の世界へ視聴者を没入させ、放送後はSNS等で考察が飛び交った。今回は、大英自然史博物館に眠る「始祖鳥化石」をめぐる物語が展開する。

 「ルパン三世 PART6」は、日本テレビ系で1クール目を放送中。2022年1月8日(24:55~)から、2クール目の放送がスタートする。また、50周年記念企画として、「ルパン三世」川柳を公式Twitterで公募する「『ルパン三世』川柳コンテスト企画」を12月14日から2022年1月10日まで実施。優秀者50名に、50周年特製キラキラステッカー(非売品)がプレゼントされる。(編集部・入倉功一)

第10話「ダーウィンの鳥」あらすじ

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

「あの”鳥”が美しいのは、あれが真贋のあわいを飛ぶ鳥だからです」ーー依頼人は、不二子にそう語った。ターゲットは、大英自然史博物館に眠る「始祖鳥化石」。生物の進化の過程を克明に表すその化石には、真価を揺るがす「いわく」があった……。聞けば聞くほど依頼に漂う、なんともいえない空虚な香り。不二子に協力を請われたルパンも、その怪しさに眉をひそめる。

ルパン三世・栗田貫一、収録前に必ず「カリオストロの城」で声を整える「ルパン三世 PART6」インタビュー » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT