ADVERTISEMENT

松本潤、初共演の西島秀俊に感謝 『99.9』劇場版「映画らしい仕上がりに」

『99.9』劇場版で共演した松本潤、西島秀俊、道枝駿佑
『99.9』劇場版で共演した松本潤、西島秀俊、道枝駿佑

 松本潤西島秀俊が22日、都内で行われた映画『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』(12月30日公開)の完成披露試写会に登壇。「異質」だったという撮影現場を振り返った西島に、松本が感謝の言葉を送った。この日は、香川照之杉咲花片桐仁馬場園梓道枝駿佑なにわ男子)、蒔田彩珠木村ひさし監督も来場した。

『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』完成披露フォトギャラリー

 本作は、逆転不可能と思われる刑事事件に挑む弁護士たちの活躍を描き、2016年と2018年に放送されたテレビドラマの劇場版。弁護士・深山大翔(松本)が所属する斑目法律事務所の弁護士チームが、15年前の凶悪事件に隠された事実を求めて奔走する。

ADVERTISEMENT

 松本は「2016年からテレビドラマとしてはじまった作品が、5年かけて映画として作れたこと、すごくうれしく思っています」と感激の面持ち。謎の弁護士・南雲役でシリーズ初参戦となった西島は、「木村組は何本かやらせていただいていますが、『99.9』の現場はまったく異質で、俳優の皆さんがアドリブをどんどんと出して、より面白く、より(観客の)皆さんに内容が伝わるようにやられている。現場のダイナミックな感じが刺激的で楽しい経験でした」と振り返った。

 そんな西島と初共演となった松本は、「『99.9』は真面目なところは真面目だけど、わりと笑いに包まれたポップな作品です。それを今回、映画らしい仕上がりにしていただいたのは西島さんのおかげだと思って感謝しています。ありがとうございました。さすがだなという感じ」と感謝の言葉を送る。

 所長・佐田篤弘役の香川も「本当にそうですね。わたしたちがじゃれているのを、西島さんがピシッとぶった切って、本筋に戻す」とその手腕をたたえると、「大変でしたか?」と質問。すると西島は「大変でしたね」と素直にぶっちゃけながら笑顔。「目の前で(松本たちが)ものすごい演技をしているのを、見ない振りをして真剣にやる感じで」と苦労を明かすと、南雲の娘・エリ役の蒔田も「台本があってないような感じで、(セリフを言うべき)タイミングで言えないことがよくありました」と続き、松本は「なんか、すいません……」と思わず陳謝していた。

ADVERTISEMENT

 そんなにぎやかな現場を、パラリーガル・中塚美麗役の馬場園は「親戚が集まったみたいな温かい現場」と表すと、撮影中に雨が降ったときのエピソードを紹介。「香川さんがを台本チェックしている西島さんにカサを差したんですよ。それを見て、今度は座長の松本さんが香川さんにカサを差して。素敵なカサの数珠つなぎ。優しい現場で幸せな時間を過ごさせていただきました」と振り返り、会場を和やかな雰囲気に包んでいた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT