ADVERTISEMENT

小林聡美&松重豊共演、平山秀幸監督『ツユクサ』2022年GW公開

隕石にぶつかった主人公が見出す幸せとは『ツユクサ』の小林聡美
隕石にぶつかった主人公が見出す幸せとは『ツユクサ』の小林聡美 - (C)2022「ツユクサ」製作委員会

 『愛を乞うひと』などの平山秀幸監督が、女優・小林聡美を主演に、松重豊を共演に迎えた最新作『ツユクサ』が、2022年のゴールデンウイークに全国公開されることが明らかになった。

 本作で小林が演じるのは、港のある小さな町で、気の良い仲間たちと、穏やかなおひとり様生活を送る女性・五十嵐芙美(いがらし・ふみ)。ある夜、車の運転中になぜか隕石にぶつかるというありえない出来事に遭遇した芙美は、その日を境に、歳の離れた小さな親友・航平(斎藤汰鷹:子役)とのたわいもない時間や、町に引っ越してきた男性・篠田吾郎(松重豊)との運命的な出会いを通じて、日常のなかでささやかな幸せを見出していく。

 公開された場面写真には、緑あふれる小さな町の漁港を背景に、大きく両手を開き、満面の笑みで飛びはねる芙美の姿が写し出されている。『愛を乞うひと』では、凄惨な虐待を受けた娘と母の愛憎を真っ向から描き、多数の映画賞に輝いた平山監督。オリジナル脚本を映画化した『ツユクサ』には「とにかく明るい物語を作りたい」という思いが込められており「日本の田舎のどこにでもある物語。観て頂くそれぞれの方に、自由に映画の世界を感じて頂きたいと思います。ゆっくりと、是非劇場で、ご覧ください」と語っている。(編集部・入倉功一)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT