ADVERTISEMENT

満島ひかり、“初代ペネロープ”黒柳徹子からのバトンに不安も絶賛に感激

黒柳徹子の言葉に感激の満島ひかり
黒柳徹子の言葉に感激の満島ひかり

 女優の満島ひかりが6日、都内で行われたイベント『日本語劇場版『サンダーバード55 / GOGO』』大新年会だ!GOGOに登壇。本作でペネロープ役を担当した満島は、過去シリーズで初代ペネロープ役の黒柳徹子からバトンを受け継ぐという大役に「怖い」「ものまねした方がいいのかな」と不安を覚えたことを打ち明けた。

満島ひかりら声優陣が登場!イベントの様子【写真】

 本作は、1965年にイギリスで放送が開始された特撮アニメの生誕50周年を記念して制作された3本のエピソードを、樋口真嗣監督が1本の作品として構成した日本語劇場版。キャラクターのレディ・ペネロープをメインにした作品群で、国際救助隊の誕生を描いた「サンダーバード登場」のほか「雪男の恐怖」「大豪邸、襲撃」から構成される。この日のイベントには満島とともに井上和彦(パーカー役)、森川智之(スコット役)、日野聡(バージル役)、樋口監督、そしてスティーブン・ラリビエー監督(リモート)が姿を見せた。

ADVERTISEMENT

 ペネロープ役を務めた満島は“ペネロープファッション”というピンクの衣装で登場。本作のオファー時を思い返して「(NHKドラマ『トットてれび』で)徹子さんの役柄をやる機会があったので、それがきっかけで声をかけてもらえたのかな」と語り、「ものまねした方がいいのかな」と思ったことや、伊達康将監督に「怖いです」と素直な思いをぶつけたことを告白した。

 迎えた収録では、黒柳が醸し出した「(ペネロープの)お嬢様らしさとか、人の話の聞かなさとか、身勝手さとか、だけど許せちゃう感じ」は参考になったものの、「どれだけ気持ちをまねしても、本人の中から出てこないといけないものもあった」と葛藤があったことを打ち明ける。伊達監督からは「あなたのペネロープでやってみよう。受け継ぎたい気持ちは十分感じるから」と伝えられた満島は、「自分のまんまでいいんだと思ってからの方が自由(に演じられた)」と満足そうに語ると、「私の方が(ペネロープの)ムチが強めになっているかも」と笑った。

 その声については、黒柳からコメントVTR内で「とってもよかったです。私より落ち着いた感じがして、信頼できる感じ。あなたがこのあと、ずっとやってくださるのはうれしい。素敵なペネロープだと思います」と褒められた満島。「すごくうれしい」と喜ぶと、「ここにいるみなさんと一緒に、昔放送していたテレビシリーズも録り直してやりたい」と目を輝かせた。

ADVERTISEMENT

 声優陣も各々が作品のファンということで、どのキャラクターが好きかという話にも花が咲く。執事・パーカー役の井上は「パーカーみたいな役をやりたいと目標にしていたので、(オファーを受けたときは)いいんですか!? という感じ」と感激しきり。また、森川と日野は2号(バージル)が好きだと盛り上がるなか、満島は「5号(ジョン)が好きです。一番上(宇宙)にいるから」と話し、「さっき、ここ(マイク)についていたのが4号(のイラスト)だったので、井上さん(の5号)に換えていただきました」とにっこり。井上は「お嬢様に出番の前に不機嫌になられても困っちゃうので」と執事然と説明し、会場の笑いをさらっていた。(錦怜那)

日本語劇場版『サンダーバード55 / GOGO』は1月7日より劇場上映、1月8日よりオンライン上映

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT