ADVERTISEMENT

「ミステリと言う勿れ」犯人のサイコパスぶりに激震…

「ミステリと言う勿れ」3話より
「ミステリと言う勿れ」3話より - (C)田村由美/小学館(C)フジテレビジョン

 本日(24日)放送された菅田将暉主演の月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系、毎週月曜21時~21時54分)第3話で、連続殺人事件の最初の犠牲者・犬堂愛珠(いぬどう・あんじゅ/白石麻衣)を死に至らしめた人物のサイコパスぶりが視聴者を戦慄させた。タイトルのほか「ガロくん」「我路くん」「漂流郵便局」「印象派」など複数の関連ワードがTwitterトレンド入りする反響を見せている(※ネタバレあり。3話の詳細に触れています)。

【写真】衝撃の真相…「ミステリと言う勿れ」3話場面写真

 本作は、累計発行部数1,300万部を突破する田村由美の人気漫画を原作に、菅田演じる天然パーマがトレードマークの大学生・久能整(くのう・ととのう)が淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていくミステリー。第3話では、犬堂ガロ(久保田悠来)、オトヤ(阿部亮平)にバスの乗客たちが脅され、とある屋敷に集められたのちの出来事が描かれた。

ADVERTISEMENT

 屋敷に集められたのは整のほか、運転手の煙草森誠(森下能幸)、乗客の熊田翔(永山瑛太)、露木リラ(ヒコロヒー)、奈良崎幸仁(金田明夫)、柏めぐみ(佐津川愛美)、淡路一平(森永悠希)ら。

 犬堂兄弟からの「これまで犯した最も重い罪は?」の問いに乗客たちが一人一人答える中、機動隊が突入。整は「この中に連続殺人事件の犯人がいます」と言い、「僕は常々思ってることなんですが……」と日本のサスペンスドラマで見かける「あるある」を例に出し、ガロが偽物であること、本物は乗客たちに紛れていることを見抜いた。さらに乗客たちの動向を注意深く観察していた整は愛珠の死に関わった人物を突き止めると、その人物はあっさり罪を告白。嬉々とした表情で「見えなくなればOKなんです」「またやろうと思いました」と語り出す様子や演者の怪演に、SNS上では「サイコパスすぎて怖い」「思考回路が怖い」「笑顔がヤバい」「ガチ怖」「ぞっとした」と戦慄する声であふれた。

 整は当初、その人物は愛珠を殺害しておらず「(遺体を)片付けただけ」と推測していたが、人物の告白から思いもよらぬ事実が浮上し、視聴者にさらなる恐怖を突き付けることとなった。

ADVERTISEMENT

 事件は解決したかと思いきや、ここまでが30分強。ガロの脳裏によぎっていたのは、妹の愛珠が死亡した事件で残った一つの謎だった。普段、タクシーを利用していた彼女がなぜバスに乗ったのか……? 一方、ウキウキとカレーを作ろうとしていた整の元へ、ガロから冷凍便が。「カニかなー?」と声を弾ませていた整だが、恐ろしすぎる“プレゼント”に絶句。いつもは冷静な整を激しく動揺させていた。

 なお、トレンド入りした「漂流郵便局」とは、ガロに送られた差出人不明の手紙に記されていたワード。ガロがその地で発見した愛珠の手紙には、彼女の遺書ともとれる言葉がつづられており「ジュート」という謎の人物の名前が。どうやら事件はまだ解決していないようで、この「ジュート」がカギを握っていると思われる。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT