ADVERTISEMENT

キンプリ高橋海人、横浜流星と兄弟役!『アキラとあきら』で若き社長に

スーツ姿がカッコイイ!
スーツ姿がカッコイイ! - (C) 2022「アキラとあきら」製作委員会

 高橋海人King & Prince)が、竹内涼真横浜流星がダブル主演を務める映画『アキラとあきら』(8月26日公開)に出演することが発表された。高橋は、階堂彬(横浜)の弟で、老舗海運会社・東海郵船の御曹司である龍馬を演じる(高橋の「高」は「はしごだか」が正式表記)。

『アキラとあきら』ダブル主演の竹内涼真と横浜流星【写真】

 本作は、「半沢直樹」「陸王」など数々のベストセラーを生み出してきた池井戸潤による同名小説が原作。対照的な宿命を背負った山崎瑛(竹内)と階堂彬(横浜)という2人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう姿を描く。偶然同じ名前を持った2人は、日本有数のメガバンクに同期入社。熱き理想を持つ山崎と冷静沈着な階堂は、ライバルとしてしのぎを削るが、山崎は自らの信念を押し通した結果、左遷される。一方、順調に出世していた階堂の前にも、親族同士の骨肉の争いという試練が再び立ちはだかる。

ADVERTISEMENT

 高橋演じる龍馬は、優秀な兄・彬に対し、なにをやってもかなわないとコンプレックスを抱き、いつしか犬猿の仲に。兄が跡継ぎの座を下りたため、若くして大企業の社長となり会社の舵を切るが、親戚同士の企みに巻き込まれ苦悩する。

 自身初となる社会人役を担った高橋は、「撮影はあっという間だったので寂しかったのですが、本当に楽しかったです! 僕が演じさせていただいた龍馬は、劣等感を感じている人物で、僕自身も自分に自信がなく、共感できる部分があったので、その気持ちを大切にしながら演じさせていただきました」と撮影を振り返る。

 主演の2人については、「流星くんと一緒に撮影することが多くて、不安そうにしているといつも声をかけてくれて嬉しかったです。こんなお兄ちゃんがほしかったな、と思いました! 涼真くんとは現場でほとんどご一緒できなくて寂しかったです。涼真くんがアキラをどのように演じているのか、僕も完成が楽しみです!」と語っており、「お仕事やなにかを頑張ることに対してネガティブに捉えている人たちも、明日からまた頑張るぞ! という熱くて勇気の出る作品になっていると思います。ぜひ劇場でご覧ください!」とコメントを寄せている。

 高橋は、俳優としてドラマ「姉ちゃんの恋人」「ドラゴン桜」といった作品で活躍。さらに、ジャニーズ初の少女マンガ家としてデビューを果たしたことがあり、アイドル、俳優、少女マンガ家として多彩な才能を発揮。『アキラとあきら』では、苦しみながらも成長する龍馬をどのように演じるのか気になるところだ。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT