ADVERTISEMENT

「ULTRAMAN」前野智昭、東光太郎を受け継ぐ覚悟 ウルトラマンタロウが好きだからこその重圧

前野智昭、タロウは自分のひとつの理想形 アニメ「ULTRAMAN」シーズン2 インタビュー » 動画の詳細

 Netflixオリジナルアニメ「ULTRAMAN」シーズン2で新キャラクター・東光太郎/TARO役を務める前野智昭がインタビューに応じ、幼少期から愛してやまない「ウルトラマンタロウ」への思いや、歴史あるキャラクターを受け継ぐプレッシャーについて語った。

【動画】TAROの名乗りも披露!インタビューの様子

 清水栄一下口智裕による人気コミックを「攻殻機動隊 SAC_2045」の神山健治荒牧伸志監督コンビが3DCGで映像化した本作は、かつてウルトラマンだった父を持つ主人公・早田進次郎が、新世代のウルトラマンとして未知の敵と戦う物語。シーズン2では、ウルトラ6兄弟のイメージを継ぐ「六傑」が集結し、ペダント星人率いる異星人テロ集団「暗黒の星」が企てる巨大な陰謀に立ち向かう。

ADVERTISEMENT

 ウルトラマンタロウ/光太郎との最初の出会いは幼少期だった前野。「再放送を親と一緒に観ていました。ウルトラの兄弟たちが登場する回もあったので、『タロウ』を観終えた後にレンタルで『ウルトラセブン』などを借りたりして、過去作にも触れました。特にウルトラ6兄弟は子供の頃にたくさん観た作品なので、タロウはもちろん、他のウルトラマンシリーズへの思いも強く持っています」と当時を振り返る。

 「ウルトラマンタロウ」の中でも、第17話~第19話まで登場した火山怪鳥バードンが印象に残っているという。「凄く衝撃的でしたね。ゾフィーが助けに来て、まさかの返り討ちに遭うって、子供ながらに『そんなバカな!』って思ったのを覚えています。『ウルトラマンタロウ』にはそういった展開が他にもあるんですよね。兄弟たちが破れてしまった怪獣に、タロウが戦って勝つこともあったりするので、ウルトラ兄弟絡みのエピソードはすごく好きなポイントの一つです」

東光太郎が変身したTARO - (C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN製作委員会2

 「ULTRAMAN」に登場する光太郎は、アメリカでジャーナリストとして活動していた正義感の強い青年だ。恋人・イズミの待つ日本に帰ってきた光太郎は、ペダント星人の陰謀に巻き込まれ、TAROへと変身する運命を歩んでいく。

ADVERTISEMENT

 「子供の頃に観ていたウルトラマンタロウを、アニメの方で担当させていただくというのは夢にも思っていなかったことですし、非常に光栄なことです」と喜びを噛み締める前野。一方で「自分が触れてきた好きな作品だからこそプレッシャーもあるといいますか、当時夢中になって『ウルトラマンタロウ』を観ていた幼少期の前野が、今の自分が声を当てた『ULTRAMAN』を観た時に、やっぱりタロウってかっこいいよなぁ! と思ってくれるような意識で取り組まなきゃいけない」と歴史あるキャラクターを受け継ぐ覚悟を感じていた。

 本作の光太郎を「考えるよりもとにかく先に行動してしまうという性格で、思いついた言葉をすぐに発したり、行動に移すキャラクター」と説明する前野。アフレコ収録は直情的な性格の光太郎のように、あまり深く考えずに臨んだそうで、「自信を持ってすんなり光太郎に溶け込めたかなとは思います」と納得の手応え。タロウの名乗りは、篠田三郎が演じた実写版の光太郎を踏襲しつつ、言い方やニュアンスなどはスタッフと収録現場でディスカッションしながら決めていった。

 作品の醍醐味でもある迫力のバトルシーンは、「アフレコの段階で、CGの7割近くが完成していたので、アクションも『ここでこういう動きをしているんだ』っていうのが非常にわかりやすい状態でした。相手の攻撃を避けて反撃という段取りも細かくわかったので、とてもやりやすい状況でアフレコさせていただけました」と自信たっぷり。ある程度の自由が許されたことから、アドリブも積極的に入れていったそうで、「アドリブの台詞が採用された場面も結構あったので、非常にありがたいです。どこがアドリブでどこが台詞なのかは、皆さんで想像しながら楽しんでいただければなと思います」とアピールした。

ADVERTISEMENT

 「光太郎は生まれ変わったらなりたいキャラクターの一人」と演じながら気づいたと語る前野。「これからも東光太郎として見せ場を作ったり、良い表現を出していきたいですね。何より、僕自身がこの先どうなっていくのかを楽しみにしている一人でもあるので、シーズン2では終わらずに、シーズン3、シーズン4、シーズン5と長い作品になってほしい。その中で東光太郎として、いろんな想いを込めてやらせていただく覚悟がありますので、長い付き合いになればいいなと思っております」と光太郎の未来に胸を膨らませていた。(取材・文:編集部・倉本拓弥)

Netflixアニメ「ULTRAMAN」シーズン2は全世界配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT