ADVERTISEMENT

『鋼の錬金術師』新田真剣佑“スカー”メイキング映像公開 傷の裏側明かすコメントも

『鋼の錬金術師』続編でスカーを演じる新田真剣佑
『鋼の錬金術師』続編でスカーを演じる新田真剣佑 - (C) 2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C) 2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

 実写映画『鋼の錬金術師』5年ぶりの続編で2部作の完結編『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』(5月20日公開)、『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』(6月24日公開)で、主人公エドの命を狙うスカーを演じる新田真剣佑のメイキング映像並びにコメントが公開された。

スカーのメイキング映像

 本作は、2001年に月刊「少年ガンガン」で連載開始された荒川弘の人気漫画を実写映画化し、興行収入約12億円のヒットを記録した『鋼の錬金術師』の続編。原作の最終話までを2部作で描く。“鋼の錬金術師”の二つ名を持つ国家錬金術師エドワード・エルリック役の山田涼介Hey! Say! JUMP)をはじめ、本田翼ディーン・フジオカ蓮佛美沙子本郷奏多らが続投。新キャストに新田真剣佑のほか、内野聖陽舘ひろし渡邊圭祐黒島結菜山本耕史栗山千明山田裕貴らが名を連ねる。

ADVERTISEMENT

 メイキング映像は『復讐者スカー』のもので、エドワードとスカーの格闘シーンが収められている。新田は映像内で、原作でも高い人気を誇るスカーを演じるにあたって「とにかくスカーという人物を勉強して、どういうキャラクターで、どれほど重要なキャラクターなのかっていうのを脚本を読みながら勉強していました」と語っている。

 併せて、新田がスカーの魅力やアプローチ、山田涼介との共演に触れたコメントも公開。スカーについて「自分なりの正義があって、それを貫こうとする。そして自分の中にある芯がすごく強い。ただ悪いだけじゃなく、いかに魅力的に見せられるかを考えながら演じた」と語り、象徴的な顔の傷について「毎日2時間ぐらいかけてメイクをした。スカーは英語で傷。あれがなければスカーじゃない。特殊メイクの時間も役を作る上で大切な時間だった」と明かしている。

激突するスカーとエドワード(山田涼介)

 主演の山田とは本作が初共演。新田は現場での山田との出会いについて「綺麗でした。初日に『日本で一番綺麗です』って告白した」とコメント。「敵対する役は仲がいいほど演じやすい」とも言い、メイキング映像では2人そろって映像をチェックする様子も見られる。

ADVERTISEMENT

 なお、完結編の撮影現場には巨大なオープンセットが組まれ、「“街だ!”と思った。床から壁から……オープンセットに再現された世界観に助けられた」と新田。グリーンバックでの撮影も多かったが「監督のイメージするものを細かく説明してもらって、僕も 100%理解して演じた。コミュニケーションが取れていたので想像していたものが撮れたと思うし、やりやすい現場だった」と撮影を振り返っている。(編集部・石井百合子)

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』 傷の男・スカー(新田真剣佑)スペシャルメイキング|2022年5月20日(金)/6月24日(金)二部作連続公開! » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT