ADVERTISEMENT

仏実写版『シティーハンター』監督が描く勘違いヒーロー!『バッドマン』特報公開

某ヒーロー映画のアッセンブルシーンを再現?
某ヒーロー映画のアッセンブルシーンを再現? - (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Panie

 人気漫画をフランスで実写化した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のフィリップ・ラショー監督がメガホンを取った、新作アクション・コメディー『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』の特報と場面写真が公開された。

【動画】ハリウッドのアメコミ映画を完全リスペクト!『バッドマン』特報

 本作の主人公は、役者として夢を追い続けるセドリック。心が折れかけていたセドリックは、“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画『バッドマン』の主演として起用されることに。戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとした時、父親が倒れたという連絡が入る。バッドモービルで病院へ急行するセドリックだが、事故に巻き込まれ気絶。目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた。

ADVERTISEMENT

 本物のヒーローだと勘違いしたセドリックが躍動する特報には、DC映画『バットマン』のバットシグナルやジョーカーを意識したかのような、コウモリのシルエットや敵が登場。また、マーベル映画『アベンジャーズ』を彷彿させるヒーロー大集合の瞬間など、アメコミ映画ファンが思わずニヤリとするシーンが多数盛り込まれている。

 『シティーハンター』と同じくラショー監督が脚本・主演も担当し、ジュリアン・アルッティタレク・ブダリエロディ・フォンタンらが共演。さらに、大物ハリウッド俳優もカメオ出演しているという。(編集部・倉本拓弥)

『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』は7月15日よりヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国公開

本物のヒーローだと勘違いした役者が覚醒!映画『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』特報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT