ADVERTISEMENT

マーベル新作「シー・ハルク:ザ・アトーニー」8.17配信決定!ハルク、アボミネーション、ウォンも登場

新ヒーローは超人専門の弁護士! - 「シー・ハルク:ザ・アトーニー」キービジュアル
新ヒーローは超人専門の弁護士! - 「シー・ハルク:ザ・アトーニー」キービジュアル - (c) 2022 Marvel

 マーベル・スタジオ制作の新たなドラマシリーズ「シー・ハルク:ザ・アトーニー」(全9話)が、8月17日からディズニープラスで日米同時配信されることが決定し、予告編とキービジュアルが公開された。

【動画】「シー・ハルク:ザ・アトーニー」予告編

 主人公は、ヒーローやヴィランを相手とする超人専門弁護士として働くジェニファー・ウォルターズ。彼女はある事故をきっかけに、ハルク並のパワーを発揮する“シー・ハルク”の能力を手にしてしまう。本作は、普通の弁護士として人々を守りたいジェニファーが、自身の能力に葛藤しながら、弁護士としての仕事を全うするさまをコミカルに描き出す。

ADVERTISEMENT

 予告編では、予期せぬ形でシー・ハルクの力を得たジェニファーが「私はヒーローじゃない」「普通の弁護士でいたい」と葛藤する姿が映し出される。同じ力を持つハルク/ブルース・バナー博士からは「望んでなくても力を使いこなせ」と変身の実験台にされたり、アベンジャーズを「億万長者かナルシシストか、天涯孤独な人がなるんでしょ」と皮肉たっぷりにディスるなどコミカルな一面も。本作には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』で白熱のバトルを繰り広げたウォンとアボミネーションも登場するため、他のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品とのリンクにも期待できそうだ。

 シー・ハルクを演じるのは、ドラマ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」のタチアナ・マズラニー。そのほか、ハルク役のマーク・ラファロ、アボミネーション役のティム・ロス、ウォン役のベネディクト・ウォンといった豪華キャストが共演する。『ウソはホントの恋のはじまり』『マリー・ミー』を手がけたカット・コイロ監督がメガホンを取った。(編集部・倉本拓弥)

「シー・ハルク:ザ・アトーニー」は8月17日(水)16時よりディズニープラスにて独占配信開始

マーベル・スタジオ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』 | 予告編 | Disney+(ディズニープラス) » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT