ADVERTISEMENT

「ちむどんどん」子役が綾野剛と親子役 7月期日曜劇場「オールドルーキー」2人の娘役決定

稲垣来泉&泉谷星奈
稲垣来泉&泉谷星奈 - (C)TBS

 綾野剛主演のTBS7月期日曜劇場「オールドルーキー」(毎週日曜よる9時放送)で、綾野演じる主人公・新町亮太郎の2人の娘のキャストが23日、発表された。長女に連続テレビ小説「ちむどんどん」で主人公(黒島結菜)の幼少期を演じた11歳の稲垣来泉(いながき・くるみ)、次女にオーディションで役を射止めた4歳の新星・泉谷星奈(いずたに・らな)が決定した。

【写真】稲垣来泉、朝ドラでは食いしん坊&俊足のヒロイン幼少期に

 本作は、37歳で突如現役引退に追い込まれた元プロサッカー選手の新町亮太郎(綾野)が、現役アスリートの代理人やマネージメントを行う、いわば裏方を担うスポーツマネージメントとして働き始め新たな道を切り開いていく物語。これまで主演の綾野のほか、亮太郎が働くスポーツマネージメント会社の最年長社員・葛飾五郎役に高橋克実が決定している。

ADVERTISEMENT

 稲垣が演じるのは、長女で小学生の泉実(いずみ)。サッカー選手である父・亮太郎を誇りに思い、かっこいいと思っているが、父が突然現役を引退したことが受け入れられず、父との関係に深いヒビが入ってしまうという役どころだ。稲垣は近年では、映画『そして、バトンは渡された』などに出演し、『映画 プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』などで声優としても活躍。明石家さんま企画・プロデュースのアニメーション映画『漁港の肉子ちゃん』では、主題歌を歌唱している。日曜劇場への出演は、2018年7月期の日曜劇場「この世界の片隅に」以来4年ぶりとなる。

 泉谷が演じる次女で幼稚園児の明紗(めいさ)は、父がサッカーを辞めたことの意味がまだ理解できていない年頃で、それゆえに父と姉の泉実がギスギスしているのを悲しい気持ちで見ている。TBSドラマへのレギュラー出演は初となり、オーディションで圧倒的な自然な演技を披露し、大抜擢となった。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT