ADVERTISEMENT

相葉雅紀、息子を思う優しい父の顔!ホラー映画『“それ”がいる森』新カット公開

かられは迫りくる恐怖をまだ知らない……
かられは迫りくる恐怖をまだ知らない…… - (C) 2022「“それ”がいる森」製作委員会

 相葉雅紀が主演を務めるホラー映画『“それ”がいる森』(9月30日公開)より、父親役を務める相葉の優しい表情を捉えた場面カットが公開された。

相葉雅紀が熱演!12年ぶり主演舞台に挑む相葉雅紀【写真】

 本作は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台にしたホラーエンターテインメント。実際の目撃情報をベースに、相葉演じる田舎で農家を営む田中淳一たちが得体の知れない“それ”に遭遇するという未知の恐怖を描く。監督を『リング』『事故物件 恐い間取り』などの中田秀夫が務め、共演者には松本穂香上原剣心(ジャニーズJr.)、江口のりこなどが名を連ねる。

ADVERTISEMENT

 今回、6月19日の「父の日」にあわせて、淳一にふんした相葉の父親としての表情を捉えた新たな場面カットが公開。これは、元妻の爽子(江口)と東京で暮らす小学生の一也(上原)が淳一のもとに一人で訪ねてくる、物語の始まりの場面を捉えたもの。これをきっかけに二人はしばらく一緒に暮らすことになるが、ちょうどその頃から、近くの森では不可解な怪奇現象が立て続けに発生し、淳一が住む町でも、住民の不審死や失踪事件が相次ぐようになっていた……。

 まだ、迫りくる恐怖に出会っていない二人の表情がどのように変化するのか、本編への期待を高めるものとなっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT