ADVERTISEMENT

ザ・ビートルズ、インド滞在期に迫るドキュメンタリー日本公開決定

ビートルズ、インド滞在期の素顔に迫る
ビートルズ、インド滞在期の素顔に迫る - (C) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

 世界的ロックバンド、ザ・ビートルズのインド滞在期に迫るドキュメンタリー映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』が、9月23日より日本公開されることが決定した。

 本作は、ビートルズの代表作としてファンに愛される「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)」が生まれたインド滞在時に、バンドと共に過ごしたカナダの映像作家ポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー。

 1968年、23歳のサルツマンは、失恋の傷を癒やすために、北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)を訪れる。そこで出会ったのが、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴらビートルズの4人。彼らと共に瞑想を学びながらすごした8日間をカメラに収めたサルツマンは、それから50年の時を経て、ビートルズ研究の第一人者で歴史家マーク・ルイソンと共にインドを再訪する。

ADVERTISEMENT

 本物のバンガロー・ビルとの出会いや、女優ミア・ファローの妹プルーデンスに捧げられた「ディア・プルーデンス」誕生秘話も明かされるといい、ミアのほか、パティ・ボイドらビートルズの当時のパートナーたち、ザ・ビーチ・ボーイズマイク・ラヴドノヴァンも登場。製作総指揮はデヴィッド・リンチ、ナレーションはモーガン・フリーマンが務める。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』日本版ポスタービジュアル(C) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

 日本版ポスタービジュアルでは、サルツマン監督が当時撮影した、インド滞在時のメンバーの姿を間近でとらえた貴重な写真が使用されている。デビュー60周年の節目に、ビートルズの新たな素顔を垣間見るファン垂涎もののドキュメンタリーとなりそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は9月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT