ADVERTISEMENT

相葉雅紀の未知な一面は「大人」「早食い」?共演者が明かす

主演ホラーが公開を迎える相葉雅紀
主演ホラーが公開を迎える相葉雅紀

 相葉雅紀が29日、都内で行われた主演映画『“それ”がいる森』(9月30日公開)の公開前夜祭に登壇し、共演者から知られざる一面を明かされた。この日は、共演の松本穂香上原剣心Go!Go!kids)、江口のりこ中田秀夫監督も来場した。

【画像】相葉雅紀&上原剣心そろって登壇!

 本作は、不可解な怪奇現象が多発する森を舞台にしたホラー作品。主人公・淳一(相葉)と息子の一也(上原)が、森の中で得体の知れない“それ”を目撃したことから、一也の担任・絵里(松本)とともに、未知なる怪奇現象に巻き込まれていく。

ADVERTISEMENT

 作品の内容にちなみ、共演するまで知らなかった、相葉の未知な一面を尋ねられた松本は「母が嵐さんの大ファンで、家ではずっとDVDがかかっている環境でしたので、相葉ちゃんって、こういう人なんだろうな……というイメージがあった」と明かしながら「いい意味でそのイメージが全然変わらなくて、カメラが回っていない裏でも優しくて、いつも元気で……」と述懐。相葉から「そう言うと、ちょっとおバカさんみたい」とツッコまれ、「いいテンション!」と言い直した松本は「お忙しいはずなのに、全然そういうところを見せない。みんなが思っている以上に素敵な方だと思っています」とファンに向けて相葉の素顔を伝えた。

 また、江口は「相葉くんも大人か……と思った。お茶目だけじゃないぞというか、ちゃんと人の言うことを聞いてるし、監督から『こうしてみよう』とか指摘があったときに、絶対『はい』と聞くじゃないですか」と撮影時の様子を振り返り、「そういう相葉くんが好きです」と賞賛していた。

 上原は相葉との食事シーンを思い返し、「細いから食べるのが遅いイメージがあったけど、思った以上に早くて、早食いだなと思いました」と主張。中田監督が、撮影中に役として早く食べていただけだとフォローを入れても「それでも早かった」と折れずにいる上原を、相葉が劇中の親子のように「監督に歯向かわない」となだめてみせ、会場の笑いを誘っていた。

ADVERTISEMENT

 一方、相葉は、中田監督について「すごい柔らかい人で、お話大好きな中田監督が、一度だけ現場で大声で怒ったことがあった」と振り返ると、「俺がOKだって言ったらOKなんだよ!」と怒鳴っていたと告白。もちろんそれは、中田監督とスタッフ、双方の良い作品を撮ろうという思いがぶつかったゆえのこと。誰もがそんな情熱を持って仕上げた本作について、相葉は「ビビってますか?」と観客を気遣いながら、「ホラーエンターテインメントなので、怖くて楽しいんで大丈夫です。ぜひ、“それ”の恐怖を体験してください」と呼びかけていた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT