ADVERTISEMENT

『吸血鬼ノスフェラトゥ』リメイク版、ペニーワイズ俳優が主演

吸血鬼ノスフェラトゥとペニーワイズ
吸血鬼ノスフェラトゥとペニーワイズ - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ウィッチ』や『ライトハウス』のロバート・エガース監督が手掛けるリメイク版『吸血鬼ノスフェラトゥ』で、タイトルになっている吸血鬼をビル・スカルスガルドが演じるとDeadlineが報じた。

【画像】素顔のビル・スカルスガルド

 同じく人気ホラーのリメイク版『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』シリーズで、殺人ピエロ・ペニーワイズを見事に演じて観客を恐怖のどん底に落としていたビル。『吸血鬼ノスフェラトゥ』のリメイクはエガース監督悲願の企画であり、映画会社フォーカス・フィーチャーズの参加によって企画が具体的に前進し始めた段階で、早速ビルのスケジュールを押さえたのだという。

ADVERTISEMENT

 ヒロイン役として当初、名前が挙がっていたアニャ・テイラー=ジョイは、スケジュールの都合ですでに離脱している。現在はジョニー・デップの娘であるリリー=ローズ・デップを第1希望として出演交渉中だ。

 『吸血鬼ノスフェラトゥ』は1922年のドイツ映画でホラーの傑作。今回のリメイク版は、19世紀のドイツを舞台に、呪われた若い女性(リリー=ローズ)と、彼女に付きまとう古代トランシルヴァニアのヴァンパイア(ビル)の執着、そしてそれがもたらす恐怖を描くゴシックホラーとなる。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT