ADVERTISEMENT

舞が発熱、病院へ「舞いあがれ!」第2回あらすじ

舞は病院へ、医師からは…
舞は病院へ、医師からは… - (C) NHK

 福原遥がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土、総合・午前8時ほか、土曜は1週間の振り返り)。4日に放送される第2回のあらすじを紹介する。

舞の病状にめぐみは…第2回【写真5枚】

 逃げたウサギを探すために走り回った舞(浅田芭路)は熱を出してしまい、浩太(高橋克典)とめぐみ(永作博美)は病院へ連れていく。そこで医師から環境をかえることを勧められる。

ADVERTISEMENT

 窓越しに舞と話せる貴司(齋藤絢永)は、久留美(大野さき)からの手紙を紙飛行機にして舞に渡し励ます。舞の病状にめぐみは心身が疲れ果てていた。それを気遣う浩太は、舞をめぐみの母・祥子(高畑淳子)のもとへ連れていくことを提案する。祥子とは長年顔を会わせていないめぐみは、考え込む。

 「舞いあがれ!」は、空を飛ぶ夢を膨らませていくヒロイン・舞の物語。描く時代は1990年代から現在。東大阪と長崎・五島列島を舞台にしたオリジナル作品となる。脚本は、NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」(2020)で初めて連続ドラマの脚本を手掛けた桑原亮子のほか、嶋田うれ葉佃良太が担当。さだまさしが語りを務め、back number の主題歌「アイラブユー」がドラマを彩る。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT