ADVERTISEMENT

大泉洋、目黒蓮との別れに寂しさ「まだまだバラエティータレントとして育てたかった」

大泉洋
大泉洋

 俳優の大泉洋が1日、丸の内ピカデリーにて行われた映画『月の満ち欠け』の公開前夜祭舞台あいさつに登壇。いよいよ明日に全国公開を控えたことに「嬉しさもあり寂しさもある」と述べると、共演の目黒蓮Snow Man)に対して「大きく成長したのでいいのですが、まだまだ目黒蓮をバラエティータレントとして育てたかった」と志半ばだったことを明かし、客席を笑わせた。舞台あいさつには有村架純柴咲コウ廣木隆一監督も参加した。

【写真】大泉洋、有村架純、目黒蓮、柴咲コウが公開前夜に集結!

 直木賞作家・佐藤正午の同名小説を映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などの廣木監督が映画化した本作。最愛の妻と娘を不慮の事故で失ってしまい、悲しみに暮れる小山内堅(大泉)のもとを三角哲也(目黒)という謎の男が訪れ、娘の瑠璃が事故当日に自分を訪ねてこようとしていたことや、かつて自分が愛した瑠璃(有村)という女性の話をすることで、小山内の人生に不可思議なことが起こっていくさまを描く。

ADVERTISEMENT

 過去のイベントでも目黒にトーク力やバラエティータレントとしての技術を伝授しようとしていた大泉。この日はいよいよ公開が明日に迫ったということで「公開を迎える嬉しさと、宣伝活動が終わってしまう寂しさがある」と胸の内を明かすと「大きく成長しましたが、まだまだ目黒蓮をバラエティータレントとして育てたかった」とやや後悔が残っている様子。

 そんな大泉の発言に目黒は「もっと鍛えていただきたいです」と懇願すると、大泉は「あれだけ言ったのに、なんで厚底の靴を履いてきたんだ。もともとデカいんだから、隣の架純ちゃんとの差がおかしいことになっているだろう」とツッコミを入れる。

 大泉の発言に嬉しそうな表情を見せた目黒は、スタイリストが厚底と普通の靴が用意されていたことを説明し、「また大泉さんにボヤかれたいなと思って、厚底にしました」とツッコミ待ちだったことを明かす。大泉は「俺の悪態って欲するんだよね」と“大きく成長した”目黒に満足そうな表情を見せていた。

 また、大泉は作品のテーマにちなみ「自分の前世は何だったと思うか?」という質問に「以前ローカル番組で調べてもらったとき、空き缶って言われたんだよね」と不満そうな表情を浮かべる。「空き缶ってことはないと思うんですよ。その後、江原(啓之)さんに見てもらったら、本州から人が入ってくる前の北海道の王様って言われたんです」とやや満足顔で語る。

 終始明るい笑顔を振りまいていた大泉だったが、映画では妻子を事故で失ってしまうというつらい役を演じた。「撮影中はきつかったのですが、家に帰って娘の顔を見るといまの自分の境遇がありがたいと思いました。でも生まれ変わっても会いたい人は誰でもいると思う。そんな温かい気持ちにもなれる映画です」と」と撮影を振り返りながら、作品をアピールしていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT