瑛太、ヤバい仕事に挑む!ダークサイドに落ちた男たちのサスペンス時代劇

闇の歯車
瑛太と橋爪功のスリリングな演技合戦は見もの!

 瑛太が主演を務めた時代劇「闇の歯車」の予告編が公開され、ダークサイドに落ちた男たちが繰り広げるスリリングな世界観が明らかになった。

 藤沢周平の傑作小説を原作に、時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品として制作された本作。「儲け話があるんですよ」という謎の男の呼び掛けに乗った4人の男たちが“現金強奪”という犯罪に一獲千金の夢を見たことで、それぞれの人生の歯車が狂い始める。

 今回公開された予告編の映像には独特の緊張感が漂い、闇に生きる佐之助と謎の男が互いの手の内を探り合うようなスリル満点のやり取りも明らかに。佐之助役が瑛太、謎の男役が橋爪功だ。「ヤバい仕事だろ」と疑う佐之助を謎の男は「……ただの押し込みです」とかわし、問い詰められても不気味にニヤリ。実力派俳優同士の重厚な演技合戦は見もので、瑛太は橋爪との対決を「目と目が合う芝居だけで、武者震いを隠せませんでした」と振り返っている。

 人の顔が闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬「逢魔(おうま)が刻(とき)」を狙った完全犯罪に挑む男たちはどのような結末を迎えるのか。橋爪は「今回の作品は『義理人情』ではなく『サスペンス』が主軸。たくさん悪党が出てきて、誰に注目したらいのかわからないくらい、色々な視点からお楽しみ頂けると思います」と新しい形の時代劇の誕生に自信を見せている。

 「剣客商売」シリーズを手掛ける山下智彦監督の下には、瑛太、橋爪のほか、緒形直人大地康雄中村蒼中村嘉葎雄蓮佛美沙子石橋静河ら豪華キャストが集った。本作は2019年2月9日午後8時より時代劇専門チャンネルにてテレビ初放送されるほか、放送に先駆けて1月19日より丸の内TOEIほか全国5大都市を中心に期間限定上映の実施。そのクオリティーに相応しく、劇場スクリーンとテレビ、ドラマと映画の枠を超えた展開が決まっている。(編集部・市川遥)

「闇の歯車」は2019年2月9日午後8時より時代劇専門チャンネルで放送
放送に先駆けて全国5大都市を中心に1月19日より期間限定上映 公式サイト
(C)2019「闇の歯車」製作委員会

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]