『X-MEN』シリーズ映画を時系列で徹底解説~ネタバレあり!

 世代を超えて大人気のヒーロー映画『X-MEN』シリーズ。そんな『X-MEN』シリーズを「どの作品から観ればいいのかわからない!」と思っている方のために『X-MEN』シリーズの映画を時系列順にあらすじをご紹介していきます。※ここでは、『ウルヴァリン』シリーズをはじめとするスピンオフシリーズも時系列に組み込んでいます。(真楠ひろ)

※時系列(1)(2)共通パート
0.『X-MEN:アポカリプス』冒頭シーン 紀元前3600年
1. 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(1962年頃)
2. 『X-MEN:フューチャー&パスト』過去シーン(1973年頃)
※時系列(1)未来変更前
3. 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(1981年頃)
4. 『X-メン』(2000年頃)
5. 『X-MEN2』(2003年頃)
6. 『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006年頃)
7. 『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年)
8. 『X-MEN:フューチャー&パスト』未来シーン(2023年)
※時系列(2)未来変更後
3. 『X-MEN:アポカリプス』(1983年頃)
4. 『X-MEN:ダーク・フェニックス』(1990年代)
5. 『デッドプール』(2016年)
6. 『デッドプール2』(2018年)
7. 『X-MEN:フューチャー&パスト』未来シーン(2023年)
8. 『LOGAN/ローガン』(2029年)
※カッコ内は作品内の年代設定

【注意】『X-MEN』シリーズ映画の時系列は2つ存在する!

 実は『X-MEN』シリーズ映画の時系列は2パターンあります。その理由は2014年公開『X-MEN:フューチャー&パスト』の後半で未来が書き換えられるからです。それにより『X-MEN:フューチャー&パスト』以前に公開された作品で描かれた未来とは違った未来が本作以降に公開された作品では描かれるようになります。なのでこの特集では、時系列を未来変更前の(1)と未来変更後の(2)に分けてご紹介していきます。

※時系列(1)(2)共通パート


[PR]

0. 『X-MEN:アポカリプス』冒頭シーン 紀元前3600年

2016年劇場公開

X-MEN:アポカリプス
『X-MEN:アポカリプス』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 最初で最強のミュータントであるアポカリプス / エン・サバ・ヌール(オスカー・アイザック)は古代エジプトを支配する存在であり、長年ミュータントへ魂を移すことにより生きながらえてきた。だがその儀式の最中、反乱に遭いピラミッドに生き埋めとなってしまう。

1. 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(1962年頃)

2011年劇場公開

画像テキスト
『X-MEN:フューチャー&パスト』Murray Close / Getty Images

 突然変異により特殊能力を持ったミュータントが、世の中に知られるようになる前の時代

 テレパシー能力を持つチャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)は子供の頃に出会った変身する特殊能力を持つレイヴン・ダークホルム(ジェニファー・ローレンス)と共に暮らしながら、大学でミュータントに関する研究をしていた。しかし、あるきっかけから危険なミュータントの存在を知り調査を始め、彼に協力を依頼したCIAと共にクルーズ船に乗り込む。

 時同じくして、幼少時にシュミット(ケヴィン・ベーコン)という男に母親を目の前で殺害された恨みを持つエリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)はシュミットに復讐しようと潜伏先であるクルーズ船を攻撃しようとする。そこで同じミュータントでありながら違った人生を送ってきたチャールズとエリックは運命的な出会いを果たす。

[PR]

2. 『X-MEN:フューチャー&パスト』過去シーン(1973年頃)

2014年劇場公開

X-MEN:フューチャー&パスト
『X-MEN:フューチャー&パスト』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 2023年センチネルと呼ばれるロボットがミュータントと協力する人間たちを攻撃し、人類は滅亡の危機に瀕していた。ミュータントにも打つ手がなくなり、追い詰められたチャールズ / プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)とエリック / マグニートー(イアン・マッケラン)は、ミュータントのキティ・プライド(エレン・ペイジ)の能力で、過去に他人の精神を送り返す力を使いローガン / ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の精神を1973年に送り、センチネルの誕生を阻止しようとする。

X-MEN:フューチャー&パスト
『X-MEN:フューチャー&パスト』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

時系列(1)未来変更前


[PR]

3. 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(1981年頃)

2009年劇場公開

ウルヴァリン:X-MEN ZERO
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 1845年、ジェームズ・ハウレット(ヒュー・ジャックマン)は父親が殺害されるのを目撃したショックによりミュータント能力が覚醒し、骨の鉤爪が手から生えてしまうが、父親を殺害した男であるトーマス・ローガン(アーロン・ジェフリー)は、自分が彼の本当の父親だと伝える。その後、同じくミュータントである兄のビクター(リーヴ・シュレイバー)と共に世界大戦に参加し生き続けるが、ビクターの凶暴性は段々と増していき……。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

4. 『X-メン』(2000年頃)

2000年劇場公開

X-メン
『X-メン』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 突然変異の超能力であるミュータントたちへの差別があった時代。鋭い爪と驚異的な再生能力を持つミュータントのローガン / ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は記憶を失い、さまよう日々を送っていた。そんな時、ローグ(アンナ・パキン)というミュータントの少女に出会い、行動を共にするようになる。その後、ミュータントに襲われるがスコット・サマーズ / サイクロップス(ジェームズ・マースデン)とオロロ・マンロー / ストーム(ハル・ベリー)によって救われ、チャールズ / プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)によって創設された恵まれし子らの学園で治療を受けることに。その学園はXメンにより守られているミュータントのための施設であった。失われた記憶を取り戻すためにウルヴァリンは学園に留まることとなる。

[PR]

5. 『X-MEN2』(2003年頃)

2003年劇場公開

X-メン2
『X-MEN2』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 ある日、ナイトクローラー(アラン・カミング)と呼ばれる瞬間移動能力を持つミュータントが大統領を殺害しようとする事件が起きる。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)はジーン・グレイ / フェニックス(ファムケ・ヤンセン)やオロロ / ストーム(ハル・ベリー)にナイトクローラーの捜索を命じる。その頃、アメリカ政府はナイトクローラーを匿っているとの考えから恵まれし子らの学園のミュータントたちを摘発しようとしていた。そんな時、記憶を取り戻す旅に出ていたローガン/ ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は学園に帰還する。

6. 『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』(2006年頃)

2006年劇場公開

X-MEN:ファイナル・ディシジョン
『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 大企業の社長・ワージントン(マイケル・マーフィー)は息子の背中に翼が生え始め、ミュータント化したことがきっかけで治療薬キュアを開発する。キュアが発表されたこでミュータントたちは混乱する。そんな時、姿を消していたジーン / フェニックス(ファムケ・ヤンセン)が突然現れる。

[PR]

7. 『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年)

2013年劇場公開

ウルヴァリン:SAMURAI
『ウルヴァリン:SAMURAI』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 愛するものを失った悲しみから立ち直れずにいたローガン / ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は 、カナダの山奥に暮らしていたが、数十年前に原爆の爆発から救い、大企業の総裁となったヤシダ(真田広之)から部下のユキオ(福島リラ)を通して日本へ招待される。ヤシダは「不老不死の生き地獄から解放する」とローガンに伝え亡くなる。その後、彼の葬儀中ヤクザに襲撃を受けるヤシダの孫娘のマリコ(TAO)を救ったローガンは彼女と共に長崎へと逃げることとなる。

8. 『X-MEN:フューチャー&パスト』未来シーン(2023年)

2014年劇場公開

X-MEN:フューチャー&パスト
『X-MEN:フューチャー&パスト』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 過去を変えるため1973年に精神をタイムトラベルしたウルヴァリンはこの時代の自分自身の肉体に乗り移り、プロフェッサーXがいる場所に向かう。屋敷は荒れ果てており、プロフェッサーXは、自暴自棄になっていた。ベトナム戦争に多くの学園の子供たちを徴兵され失っていた。プロフェッサーXは、最初はウルヴァリンの協力を拒むが、レイブン / ミスティークを取り戻すチャンスという言葉に心を動かす。

時系列(2)未来変更後


[PR]

3. 『X-MEN:アポカリプス』未来変更後(1983年頃)

2016年劇場公開

X-MEN:アポカリプス
『X-MEN:アポカリプス』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 (未来変更後の)1983年、世界ではミュータントは崇拝される存在となっており、一部過激派が長い封印からアポカリプスを目覚めさせてしまう。世界を破壊し再構築するため、アポカリプスはさらなる力を求めミュータントを探し始める。そして平和に暮らしていたチャールズ / プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)やエリック / マグニートー(マイケル・ファスベンダー)たちにもアポカリプスの魔の手が迫る。

4. 『X-MEN:ダーク・フェニックス』(1990年代)

2019年劇場公開

X-MEN:ダーク・フェニックス
『X-MEN:ダーク・フェニックス』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 アポカリプスの戦いから10年後。サイコキネシスとテレパシーを操るミュータントのジーン・グレイ / フェニックス(ソフィー・ターナー)はチャールズ / プロフェッサーXらと共に宇宙での任務を遂行していたが、ミッション中に起こった事故により、彼女の能力は増幅し、制御不能となってしまう。その後、普段どおりの生活に戻ったジーンだったが、結局抑え込まれていたダークサイドが解き放たれ、彼女の暴走が世界規模の危機へと発展していく。

[PR]

5. 『デッドプール』(2016年)

2016年劇場公開

デッドプール
『デッドプール』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に敵としても登場するデッドプールも『X-MEN』シリーズの時系列に入れておきたい。

 傭兵のウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は恋人のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と幸せな日々を過ごしていた。しかし、ガンで余命宣告を受けたことをきっかけに謎のリクルーターの誘いで治療と引き換えに極秘の人体実験に参加することを決める。ヴァネッサの前から姿を消し施設で治療を開始したウェイドだったが、フランシス・フリーマン / エイジャックス(エド・スクライン)というミュータントの男により、ミュータント遺伝子を活性化させる血清の投与と突然変異を誘発させるための拷問を受けることとなってしまう。治療により驚異的な再生能力を得たものの醜い姿へと変異したことにより、ヴァネッサとの再会できなくなってしまったウェイドは赤いコスチュームに身を包みデットプールとして、元の姿に戻るためフランシスを探そうとする。

[PR]

6.『デッドプール2』(2018年)

2018年劇場公開

デッドプール2
『デッドプール2』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)はヒーローを続けながらも恋人のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)との幸せな生活を取り戻していた。そんな時、麻薬カルテルとの戦いに巻き込まれヴァネッサが死んでしまう。途方に暮れたウェイドは自殺を図るが失敗し、X-MENのメンバー、コロッサス(ステファン・カピチッチ)によって保護され、恵まれし子らの学園へ連れて行かれる。

7. 『X-MEN:フューチャー&パスト』未来シーン(2023年)

X-MEN:フューチャー&パスト
『X-MEN:フューチャー&パスト』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 過去(1973年)でミスティークを説得することに成功しその瞬間、歴史は変わっていた。未来に戻ったウルヴァリンは、平和な学園で幸せそうなストームやジーン、亡くなったはずのミュータントたちとも再会する。

[PR]

8. 『LOGAN/ローガン』(2029年)

2017年劇場公開

LOGAN/ローガン
『LOGAN/ローガン』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images

 2029年、ミュータントは絶滅の危機に瀕していた。治癒能力も衰え、歳をとりリムジン運転手として働いているローガン / ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は、チャールズ / プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)を介護する日々を送っていた。しかしある日、11歳のローラという少女ダフネ・キーン)をある場所まで送り届けてほしいとの依頼を受ける。一見するとかわいらしい普通の女の子に見えるローラは驚くべき戦闘能力の持ち主だった。 やがて、ここ数十年生まれていないとされていたミュータントの子供たちが集結している場所にたどりついたローガンとローラ。しかし、子供たちをとらえようとしている追手が迫っていた。

LOGAN/ローガン
『LOGAN/ローガン』Twentieth Century Fox Film Corporation / Getty Images
[PR]

『X-MEN』シリーズ時系列まとめ

 いかがでしたでしょうか。ここでは、わかりやすく『ウルヴァリン』シリーズや『デッドプール』シリーズなどのスピンオフとされるシリーズを抜いた『X-MEN』シリーズ本流の時系列を図にまとめます。

『X-MEN』シリーズ本流の時系列
『X-MEN』シリーズ本流の時系列 製作:シネマトゥデイ

 『X-MEN』シリーズの映画はどの作品から見ても単体作品として十分楽しめますが、時系列に見るとより登場人物たちに共感ですることができ、世界観を感じることができます。さらには2通りの時系列があることで、世界の違うストーリーとして楽しむことができるのではないでしょうか。今後もシリーズは続いていくと考えられるため、どのようなストーリー展開になるのかも楽しみですね!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]