ADVERTISEMENT

間違いなしの神配信映画『オン・ザ・ロック』Apple TV+

神配信映画

気軽に楽しめる5選

 配信映画は、いまやオスカーほか賞レースの常連にもなっており世界中から注目されている。この記事では数多くの配信映画から、質の良いおススメ作品を独自の視点でセレクト。今回は気軽に楽しめる5選として、全5作品、毎日1作品のレビューをお送りする。

ソフィア・コッポラが自伝的なニュアンス盛り込んだエレガントでオフビートなコメディー

オン・ザ・ロック
『オン・ザ・ロック』より - (C)2020 SCIC Intl

オン・ザ・ロック』Apple TV+

上映時間:97分

監督:ソフィア・コッポラ

出演:ビル・マーレイラシダ・ジョーンズマーロン・ウェイアンズほか

 Apple Original FilmsとA24の初のパートナーシップ作品である『オン・ザ・ロック』。ソフィア・コッポラ監督がニューヨークを舞台に、彼女の自伝的なニュアンスを盛り込んだ、エレガントでオフビートなコメディーだ。

 ソーホーのロフトに夫と娘2人と暮らす30代の作家・ローラ(ラシダ・ジョーンズ)と、お金も時間もある自由人の父・フェリックスの物語は、フェリックスを演じるビル・マーレイの存在もあってか、ソフィアの代表作ロスト・イン・トランスレーション』(2003)の20年後を見るような不思議な親しみと懐かしさがある。

ADVERTISEMENT
オン・ザ・ロック
『オン・ザ・ロック』より - (C)2020 SCIC Intl Photo Courtesy of Apple

 ローラは、優れた起業家の夫・ディーン(マーロン・ウェイアンズ)が同僚と浮気しているのではないかと疑っている。多忙で出張も多い夫といつも一緒にいるのは、若くて魅力的なフィオナ(ジェシカ・ヘンウィック)。子育てと家事に追われ、仕事は絶不調で、どんよりした不安ばかりが膨れ上がっていく。ローラ役のラシダ・ジョーンズは脚本や監督もこなす多才で、偉大な父・クインシー・ジョーンズを持つという共通点もあり、ソフィアの分身として申し分ない適役だ。

 映画みたいな〇〇という表現があるが、冒頭からしばらくは映画みたいじゃない状況の退屈さを、本気で映画にしてみせたかのようだ。無下にできないママ友の身の上話のどうでもよさ、小さな子どもの世話に明け暮れる単調な日常。もうそろそろ観ているのも限界と思い始めた頃に、チャーミングな魔法使いのように登場するのが父親のフェリックスだ。

オン・ザ・ロック
『オン・ザ・ロック』より - (C)2020 SCIC Intl Photo Courtesy of Apple

 ローラの表情は曇ったままだが、彼女を取り巻く世界はパッと明るく、それまでの停滞モードが嘘のように軽やかになる。ビル・マーレイのクールネス全開の名演に誰もが魅了されるだろう。

 目利きの画商だったフェリックスは社交界にも顔が広く、街を知り尽くしている。人当たりのいいスマートなプレイボーイでだが、その物腰には“古き良き”という修辞がぴったり。その女性観は明らかに時代遅れで、動物学者の見地から人間の行動について考察したデズモンド・モリスあたりの書物で得たであろう知識を隙あらば語り出す。久しぶりに再会した愛娘がつけているブレスレットを褒めながら、次に飛び出すうんちくは「腕輪は、男による女性の所有を象徴している」という調子だ。

オン・ザ・ロック
『オン・ザ・ロック』より - (C)2020 SCIC Intl Photo Courtesy of Apple

 愛娘たちが、おじいちゃんの古くさい“いい女”指南を鵜呑みにしないように軌道修正しつつも、ローラは結局そんな父のアドバイスを受け、2人でディーンの浮気調査を始める。赤のアルファ ロメオを乗り回し、海外にも飛ぶスクリューボールコメディー風味の探偵ごっこを隠れみのに、父娘がそれぞれの価値観と対峙していく展開には、ソフィアと父親・フランシス・フォード・コッポラの関係を重ねてみたくなる

 巨匠の娘として育ったソフィアは、スノッブだと揶揄(やゆ)され続けてきたが、幼い頃から一流のものにふれて培われたセンスは確かなものだ。劇中に現代アートの名画や個人蔵のモネの絵画まで登場させ、フェリックスが愛娘を連れ歩く先は5つ星ホテル「ザ・カーライル」のベーメルマンス・バーをはじめ、いつかは行ってみたいが、敷居が高めの名店ばかり。コロナ禍前の優雅さが映像に残されたのは感慨深い。

 クラシックな風格と現代的な正しさと、その折衷案的な役割をディーンに担わせるストーリーのバランス感覚が面白い。一見正反対なキャラクターに見えるが、あいまいな態度でローラを振り回す夫は義父・フェリックスとコインの裏表のようだ。

 何かをやめるときに“卒業”という言葉を使うが、それに倣えば、これは父娘の卒業物語。遅めの親離れと子離れを、ソフィアらしくおしゃれに描いていく……かと思うと、ときどきびっくりするほどベタな描写が出てくる本作には、ひねくれた賞賛を込めて陳腐なレッテルを貼りたくなるのだ。

 ローラの誕生日プレゼントにまつわるストーリーに、フェリックスのうんちく話をふと思い出し、なんとも言えない“卒業”の顛末(てんまつ)にニヤッとしてしまった。(文・冨永由紀、編集協力・今祥枝)

『オン・ザ・ロック』はApple TV+にて世界配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT