地味~な物資調達回かと思いきや…とんでもないドラマが!!

今週のウォーキング・デッド

 「ウォーキング・デッド」シーズン10の追加エピソードもあっという間にもう3話目。第19話「あと1ヵ所」ではゲイブリエルとアーロンが物資調達に出て、予想外の危機に直面する!(平沢薫)

※ご注意 なおこのコンテンツは「ウォーキング・デッド」シーズン10について、後半の「もう観ちゃった方向け」はネタバレが含まれる内容となります。ご注意ください。

今週のウォーキング・デッド~シーズン10第19話

<これから観る方向け:ネタバレなし>ゲイブリエルとアーロンが、シリーズ本来の魅力を教えてくれる

ゲイブリエルとアーロン
マギーが作成した地図をもとに、物資を探すゲイブリエルとアーロンだが……。「ウォーキング・デッド」シーズン10 第19話より - (c) 2021 AMC Network Entertainment LLC. All Rights

 シーズン10の追加エピソードの3話目の主要登場人物は、神父のゲイブリエル(セス・ギリアム)と、アレクサンドリアの新人勧誘係だったアーロン(ロス・マーカンド)。2人が一緒に物資調達に出掛けたときの物語、というと地味そうだが、その先入観は大間違い。ここのところの「ウォーキング・デッド」の物語には何が欠けていたのかに気づかせてくれる、ファンをうならせるエピソードになっている。

[PR]
原点に立ち戻ったストーリー
シリーズの原点に立ち戻った今回のストーリーは見もの。「ウォーキング・デッド」シーズン10 第19話より - (c) 2021 AMC Network Entertainment LLC. All Rights

 監督と脚本は、このシリーズでは新しめの顔ぶれ。監督ローラ・ベルシーは2019年から参加し本作が4話目。脚本家は2人で、エリック・マウンテンはシーズン10追加エピソードからこのシリーズの製作に参加、本シリーズでの脚本はこれが1作目。もうひとりのジム・バーンズは2019年から製作に参加、本シリーズ脚本は3作目。彼らがシリーズの原点に立ち戻った視点からこの世界を描いて、シリーズが本来持っていた魅力を再認識させてくれる。

<もう観ちゃった方向け:ネタバレあり>この心理ドラマの面白さ、正解のない問いの深さこそ、本シリーズの魅力!

ウォーカー
ゲイブリエル&アーロンの行く手を阻むウォーカーたち。「ウォーキング・デッド」シーズン10 第19話より - (c) 2021 AMC Network Entertainment LLC. All Rights

 そうだった、このごろの「ウォーキング・デッド」にはこれが欠けていた。それは、人間とはどのような存在なのか、という問いかけだ。自分の生命が脅かされる状況下で、人間はどう行動するのか。それによって人はどのような傷を負い、どう変わるのか、または変わらないのか。そうした価値観と生存本能のせめぎ合いは、もともとこのシリーズの魅力だったが、“囁く者(ささやくもの)たち”による殺りくがあまりに過激だったので、自分が生きるために人を殺すことは是か非かなどと悩む暇がなかったのだった。

乾杯
偶然見つけた建物にあった酒でつかの間の乾杯。「ウォーキング・デッド」シーズン10 第19話より - (c) 2021 AMC Network Entertainment LLC. All Rights

 しかし、今回のドラマはそこに焦点を当てる。そのため、登場人物は対照的な2人。今も神父の服を着ているゲイブリエルは、一筋縄ではいかない人物。これまで何度も彼の身勝手な行動のせいで多数の人々が死んできた。しかし、生き延びるための本能は誰より強く、いかにも神父らしく巧妙な饒舌(じょうぜつ)。一方、アーロンは彼とは真逆の誠意の人。同性愛者として差別も受けたが、心の底では人間の本性は善であり、悪人は例外的な存在だと信じている。そしてブラフ(ハッタリやこけおどし)ができず、ポーカーは弱い。こうした2人の対照的な性格を、短い会話とポーカーのゲームで描き出す脚本がうまい。

ロバート・パトリック
『ターミネーター2』のT-1000役で知られるロバート・パトリックがゲスト出演。「ウォーキング・デッド」シーズン10 第19話より - (c) 2021 AMC Network Entertainment LLC. All Rights

 そんな2人が、『ターミネーター2』(1991)の恐怖のお巡りさん、ロバート・パトリック演じる男メイズに遭遇し、自分ではなく相手を撃ってもいいという変則版ロシアンルーレットを強要されて、自分の良心、自分の本当の価値観を試されることになる。

 さらにこの時のメイズの心理も屈折している。彼はかつて自分が助けてきた兄に襲われて「対処した」ことがあり、それを正当化するため口では人間は邪悪だと言うが、そうではないことを証明してほしくてこんな行動をしているのだ。だから、アーロンが4度目の引き金を引き自分を撃とうとすると、それを止めずにはいられない。この人物の粗暴さの裏に秘められた切なさを、ロバート・パトリックが体現する。

ゲイブリエル
ゲイブリエルが驚きの行動を……!?「ウォーキング・デッド」シーズン10 第19話より - (c) 2021 AMC Network Entertainment LLC. All Rights

 この心理ドラマの面白さ、正解のない問いの深さこそ、「ウォーキング・デッド」の魅力だったと再確認。その後のゲイブリエルの動きも、それを見たアーロンの表情も、その後の2人の行動もまさに「ウォーキング・デッド」ならではの世界。物資調達というこの世界での日常的な行動をモチーフに、きっとこういうこともあっただろうと思わせるさまざまな光景を見せてくれつつ、さらに奥深い人間ドラマも描く。こういうエピソードがあるから「ウォーキング・デッド」はやめられない。

「ウォーキング・デッド」シーズン10追加エピソードは毎週月曜よる10時~FOXチャンネルで日本最速初放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]