永瀬廉~少年性の残る甘い声と、意志を語る強い瞳が魅力的 相次ぐ抜てきに寄せる期待

銀幕のジャニーズ

イメージ画

 映画で活躍する銀幕ジャニーズの俳優としての面に注目して、デビュー作から最新作まで、どんな俳優なのかを見ていきます。第20回は、King & Prince永瀬廉。(文・新亜希子)

 2018年5月、King & Prince のメンバーとしてCDデビュー。2019年に映画『うちの執事が言うことには』で映画初主演を務めた。2021年、主演作『弱虫ペダル』にて、第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

[PR]

映画デビュー作:『忍ジャニ参上!未来への戦い』(2014年6月7日公開)回想のカザハ役(当時15歳)

 ジャニーズWESTメンバー5名、関西ジャニーズJr.(当時)らが出演した、笑いありアクションありの青春コメディー。泰平の世に職を失った5人の忍が、藩主からヘッドハンティングされようと謎の義賊として名を馳せることを計画。しかし、事態は思わぬ大事件へと発展する。永瀬は、ジャニーズWEST・重岡大毅が演じるカザハの幼少期役で登場。桐山照史(ジャニーズWEST)、大西流星(現・なにわ男子)との兄弟役である。

ドラマデビュー作:「信長のシェフ」(2013年1月11日 - 3月15日)森蘭丸役(当時13‐14歳)※放送中に誕生日を迎えているため

 同名人気漫画を原作とした、Kis-My-Ft2玉森裕太の主演作。永瀬は史実上の人物である森蘭丸を演じた。やんちゃな少年役であり、顔つきには幼さが残るが、父・森可成(宇梶剛士)の死や本能寺の変が描かれるシーンでは、強い意志を貫く芝居を見せ、印象を残した。

映画俳優としての主な活躍:

 ドラマ作品ではあるが「信長のシェフ」で演じた森蘭丸役は印象的だった。出演シーンこそ少ないものの、悲しい運命を背負いながらも芯の強い「武士の子」を演じ、視聴者の記憶に残った。

 整った顔立ちと少しの陰をもつ一方で、人間的な、親近感のある一面を持ち合わせる永瀬。現実に“いそうでいない”青年だ。役柄はまるで異なるものの『うちの執事が言うことには』『弱虫ペダル』と実写化作品の主演が続くのも納得である。

 映画デビュー作『忍ジャニ参上!未来への戦い』以降、2019年春まで映像作品への出演がなかったのは意外な経歴だが、その間、永瀬は舞台で着実に経験を積み、自身の“らしさ”を構築しながら人気者へと成長した。作品とひたむきに向き合い、幅広い役柄を演じてきた永瀬。将来性は大きい。少し鼻にかかった少年性の残る甘い声や、意思の強さを感じる瞳は、いち俳優としての個性であり魅力だ。

 5月からはNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演。2022年冬には、話題の小説を原作とした『真夜中乙女戦争』にて主演をつとめる。池田エライザ柄本佑という個性派が名を連ねる同作において、主人公である“私”を永瀬がどう演じるか、期待したい。

[PR]

最新作『弱虫ペダル』(2020年8月14日公開)小野田坂道役

 累計2,500万部を突破した(公開当時)、渡辺航による大ヒットコミックを実写化。永瀬演じる小野田坂道は、地元・千葉から秋葉原まで、片道45kmもの距離を毎日ママチャリで登校するアニメ好きの高校生。運動が苦手で友達もいない坂道だが、ひょんなきっかけから入部した自転車競技部で、思わぬ才能を発揮。初めてできた仲間とともに、走る喜びを知っていく。

 永瀬は、前髪を眉の上できっちり揃えて丸メガネをかけ、原作における坂道のビジュアルを忠実に再現。その変身ぶりも話題になった。また、補欠ながら坂道やチームを支える杉元照文役としてジャニーズJr.の井上瑞稀HiHi Jets)が出演、舞台以外では初めての共演を果たした。

 メガホンをとった三木康一郎監督は、キャスト決定時には永瀬のことをよく知らなかったという。しかし「前向きに、文句も言わずに一生懸命向き合う姿勢が坂道と同じ」と撮影時のことを振り返り、ひたむきに作品と向き合う永瀬の「素直さに驚いた」という。

 永瀬は、本作にて第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。「弱虫にならず、エンターテイメントという厳しい坂を上り続けていきたい」と真摯に語った。

フィルモグラフィー(映画)

『忍ジャニ参上!未来への戦い』(2014年6月7日公開)回想のカザハ役(King & Prince のメンバー・平野紫耀も出演)

『うちの執事が言うことには』(2019年5月17日公開)烏丸花穎役(初主演映画。主題歌は King & Prince「君に ありがとう」。King & Prince のメンバー・神宮寺勇太も出演)

『弱虫ペダル』(2020年8月14日公開)小野田坂道役(原作を忠実に再現した髪型やメガネ姿が話題に)

『真夜中乙女戦争』(2022年公開予定)主演(作家Fによる話題作を映画化)

[PR]

フィルモグラフィー(ドラマ)

「信長のシェフ」(2013年1月11日 - 3月15日)森蘭丸役

「俺のスカート、どこ行った?」(2019年4月20日 - 6月22日)明智秀一役

「FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました」(2019年9月24日)朝川千空役

連続テレビ小説「おかえりモネ」(2021年5月17日-)及川亮役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]